アーティスト一覧:ARTIST INDEX

  • 会員登録ガイド

TOP > アーティスト一覧 > フィリップ・ジャルスキー

フィリップ・ジャルスキー

カウンター・テノール新星 そのすみきった艶やかな声で今ヨーロッパ中を圧巻!

フランス人カウンター・テノール歌手、フィリップ・ジャルスキーはヴェルサイユ地方国立音楽院でヴァイオリンを専攻し主席で卒業した。1996年に声楽に転向しニコル・ファリアンと共演し、2004年度の優れた新人歌手としてヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュジック音楽賞を受賞した。

1999年にロワイヨモン・フェスティバルとアンブロネ・フェスティバルの2つのフェスティバルで、ジェラール・レーヌとイル・セミナーリオ・ムジカーレと共演し、演奏されることが珍しいスカルラッティのオラトリオ「セデーチア」を演奏した。後日、この演奏が録音されヴァージン・クラシックスよりリリースされた。翌年、モンテヴェルディの3大オペラツアーでジャン=クロード・マルゴワールの指揮のもと、ラ・グランド・エキュリ&ラ・シャンブル・デュ・ロワと共演した。パリのオペラ・コミック劇場では、マルゴワール指揮によるヴィヴァルディの「ウティカのカトーネ(Catone in Utica)」でアルバーチェ役を演じた。ヴィヴァルディの「ニシ・ドミヌス―主が家を建てたまわずば(Nisi Dominus)」、ペルゴレージの「スターバト・マーテル(Stabat Mater)」、ヘンデルの「アグリッピナ(Agrippina)」の演奏で高い評価と賞賛を得た。2005年にパリで「リナルド」の主役を務め、2007年3月にはパリで、ル・コンセール・ダストレー(Le Concert d'Astrée)とカストラート歌手カレスティーニに関連付けたプログラムでリサイタルを開催し、大成功を収めた。

定期的にジャン・チュボリ率いるアンサンブル・ラ・フェニーチェと共演しており、バッサーニのオラトリオ「La morta delusa」を録音している。2004年にヴァージン・クラシックスより17世紀フランス音楽とイタリア音楽を取り上げた「Un concert pour Mazarin」の録音が発売されている。ジャン=クリストフ・スピノージ率いるアンサンブル・マテウスとも頻繁に共演しており、公演、ディスク録音(CDなど)ともに高い評価を得ている。2007年1月、ヴァージン・クラシックスから同共演のヴィヴァルディのオペラアリア集のリサイタル録音が発売された。

一方、世界中からリサイタル公演の招待を受けている。昨年はドイツ、スペイン、カナダ、ロシアで演奏した。オペラでも、2005年ルネ・ヤコブスと共演したベルリン国立歌劇劇場で、ユリシーズのテレマコ役を、フランダース歌劇場でアンドレアス・シュペリング指揮によるヘンデルのリナルドを歌い、すばらしい世界デビューを飾った。今後の予定としてナンシー歌劇場での「ジュリオ・チェーザレ」のトロメオ役やウィリアム・クリスティ指揮による「Landi's San Alessio」の主役などの契約を結んでいる。また、シャトレ劇場でマーク・ミンコフスキー指揮による「ディドとアエネアス」でジェシー・ノーマンと共演する予定である。シャンゼリゼ劇場ではジャン=クリストフ・スピノージとの共演で新しいプログラムの録音も予定している。

ヴァージン・クラシック社と専属アーティスト契約をしており、2005年に自身が率いるアンサンブルとともに演奏したヴィヴァルディ作曲のヴィルトーゾ・カンタータ集と、17世紀以降の宗教音楽を収めた「聖母マリアの夕べの祈り(Beata Vergine)」を発売し、彼の優れた音楽性を世に知らしめるに至った。2007年1月、ジャン=クリストフ・スピノージ率いるアンサンブル・マテウスとの共演による待望のヴィヴァルディのオペラアリア集「ヒーローズ(Heroes)」を発売。同年11月には「Carestini:A Castrato's Story(カレスティーニ〜あるカストラートの物語)」をリリースした。



>>オフィシャルサイト

 


会員登録(無料)

新着情報
2011.8.11
フィリップ・ジャルスキー公演、チャイコフスキー国際コンクールのレポートをアップしました。

7月大盛況の中幕を閉じた、フィリップ・ジャルスキー & アンサンブル・アルタセルセ日本ツアーの様子と、チャイコフスキー国際コンクールの様子を、ツアー・レポートにアップしました。

ツアーと、コンクールの舞台裏の様子など、画像満載です!
2011.7.15
フランスの大スター フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)、来日公演直前特集!!

その美しい歌声で世界中の聴衆を魅了し続けているジャルスキー。
3度目の来日となる今回は、自身率いるアンサンブル・アルタセルセと共に
公演を行います。特集ページでは日本ツアーを目前に控えた彼の魅力、
公演の見どころをご紹介します!
2011.4.22
フジコ・ヘミング ピアノ・ソロ・リサイタル2011

魂の響き、永遠のラ・カンパネラ

【一般発売日】
2011年4月23日(土)

【公演日】 
2011年
6月18日(土)14:00開演(13:15開場)広島市文化交流会館(旧厚生年金会館)
7月17日(日)14:00開演(13:15開場)アクロス福岡シンフォニーホール
7月25日(月)19:00開演(18:15開場)愛知県芸術劇場 コンサートホール
7月30日(土)14:00開演(13:15開場)東京文化会館 大ホール

【入場料】
S席:¥12,000 A席:¥10,000 B席:¥8,000(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮願います。

【出演】
イングリット・フジコ・ヘミング(ピアノ)

◆愛知公演スペシャルゲスト◆
フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)
アンサンブル・アルタセルセ(バロック・アンサンブル)

【演奏曲目】
リスト:ラ・カンパネラ 他
>>詳細はこちら

2011.4.20
フィリップ・ジャルスキー&アンサンブル・アルタセルセ仙台公演中止のお知らせ。

この度の東日本大震災により被災された皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

この度の地震の影響を考慮し、フィリップ・ジャルスキー&アンサンブル・アルタセルセ仙台公演を中止させて頂きます。
本公演に関しまして、チケットの払い戻しをさせて頂きます。

<<払い戻し方法>>
○サモンプロモーションのウェブ(ホームページ)でチケットをご購入されたお客様
会員様メニューの中の9番、公演の中止/延期/変更についてご確認ください。
⇒ http://w1.onlineticket.jp/m/samonmobile/web/index.html

○イープラスでチケットをご購入されたお客様
⇒ http://eplus.jp/

○その他下記プレイガイドでご購入されたお客様
・サモンプロモーション電話(フリーダイヤル)
・チケットぴあ
・ローソンチケット
・CNプレイガイド
・楽天チケット
・各会館プレイガイド
・その他地方プレイガイド(デパート等)
こちらをご覧ください
⇒ http://www.samonpromotion.com/jp/info/mobile/page04.html

公演をお楽しみにお待ち頂きました皆様には、大変ご迷惑をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い致します。
>>詳細はこちら
2011.4.5
アリアを料理する天才シェフ!?フィリップ・ジャルスキー 雑誌『料理通信』に登場!!

ジャルスキーがなんと雑誌『料理通信』5月号(4月6日発売)にインタビューで登場!

自身の音楽感や歌唱法、これまでのキャリアだけでなく、世界トップクラスの歌手が、曲をどのように調理するのかを語っています。テーマは「心の栄養」!
ぜひお見逃しなく!!

『料理通信』HPはこちら↓
http://www.r-tsushin.com/new_book/index.php
>>詳細はこちら
2010.11.15
フィリップ・ジャルスキー & アンサンブル・アルタセルセ公演決定! 先行受付:10/15〜

フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)


今、ヨーロッパを席巻するカウンターテノールの第一人者!
2008年初来日では、その「天使の翼を持つ美声」で日本の聴衆をも魅了!
遂に、2年振りの来日公演が決定!

★フィリップ・ジャルスキー&アンサンブル・アルタセルセ★
華麗なるカウンターテノールの美声とともに、ヴィヴァルディに酔いしれる!

◆一般発売日:2010年11月20日(土)

【公演日】
2011年
7月23日(土) 14:00開演 紀尾井ホール(東京)
7月26日(火) 19:00開演 仙台市青年文化センター コンサートホール
7月28日(木) 19:00開演 三井住友海上しらかわホール(名古屋)
7月30日(土) 14:00開演 いずみホール(大阪)

【入場料】
S席9,500円 A席8,500円(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮願います。

【演奏曲目】
ヴィヴァルディのカンタータより 他

【出演者】
フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)
アンサンブル・アルタセルセ(バロック・アンサンブル)
>>詳細はこちら
2010.9.16
サモンプロモーションHP リニューアル!

★新生サモンホームページ ここがすごい!★
・アーティストのPVやコメントを配信!動画サービス!
・初めてのコンサートでも安心!会場アクセスMap!
・切替ボタンであなた好みに画面をカスタマイズ!コンサート一覧!
・トップページから欲しい情報をスグにGET!ページ内検索窓!
・アーティスト、楽器、公演地域で一発検索!チケット情報!
・お好きなジャンルのアーティストを検索!アーティスト紹介!

今までご好評頂いております「おすすめ公演情報」や「ツアーレポート」
そして「サモンブログ」もそのままお楽しみ頂けます!


★サモンプロモーション オフィシャルFacebook開設!

今では世界的に認知されているネット版「井戸端会議」Facebook
遂にサモンプロモーションもデビュー!

⇒ http://ja-jp.facebook.com/pages/Osaka-Japan/Samon-Promotion-Inc/
159096330771536?ref=sgm

新HPと同じく、最新の情報、プライベート写真を更新していきます!
そして、サモンのお客様同士でのコミュニケーションも可能です!
あなたもFacebookに入って、サモンのお客様、そしてサモンスタッフと
最新のサモン情報を共有しませんか?

【サモンからのお願い!】
こちらのサイトからSamon Promotion, Inc.名前右横「いいね!」をクリック!
サモンの輪の一員になって、サモンFacebookを一緒に盛り上げていきましょう!


★サモンプロモーション オフィシャルTwitterも開設!!

鳩山前首相の利用で日本でも話題になった「つぶやきの場」Twitter
サモンプロモーションも遂につぶやき開始!
⇒ http://twitter.com/samonpromotion

新着情報や公演レポートなど、新HP、Facebookよりも早く
サモンスタッフが張り切ってつぶやきます!!
是非「フォロー」してみて下さいね。
>>詳細はこちら
2009.11.9
『フィリップ・ジャルスキー&ラルペッジャータ』王子ホール公演、電気文化会館公演におきまして、当日配布したプログラムと比べ曲目・曲順に大幅に変更がありましたので、お知らせいたします。

◆11月5日(木)王子ホール 曲順&アンコール

【曲順】
1. マウリツィオ・カッツァーティ:チャコーナ
2. バルバラ・ストロッツィ:恋するエラクレイト
3. ジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェズ:プレッソ ロンデ トランクィッロ
4. 即興演奏:タランテラ・ナポリターナ
5. ルチッラ・ガレアッツィ:あぁ美しき人生
6. クラウディオ・モンテヴェルディ:あぁ私は倒れてしまう
7. ジローラモ・カプスベルガー:アルぺッジャータ
8. ルチッラ・ガレアッツィ:私の花の夢
9. 即興演奏:タランテラ・イタリアーナ
10. G.A.パンドルフィ・メアッリ:ラ・ヴィンツィオリーナ
11. クラウディオ・モンテヴェルディ:苦しみが甘美なものならば
12. ドメニコ・マリア・メッリ:ディスピエガーテ・グアンチェ・アマンテ
13. 即興演奏:ラ・ディア・スパニョ−ラ
14. ルイジ・ロッシ: Lasciate averno
15. マルコ・ウッチェリーニ:満足したルチミニア
16. ルチッラ・ガレアッツィ/即興演奏:家が欲しいな
17. トラディショナル/即興演奏:ロマネスカによる子守唄

【アンコール】
1. ルチッラ・ガレアッツィ/即興演奏:家が欲しいな
2. クラウディオ・モンテヴェルディ:ああ、私は倒れてしまう
3. 作者不詳:Ciaccona del Paradiso e dell' Inferno
4. ルチッラ・ガレアッツィ:ああ、美しい人生
5. クラウディオ・モンテヴェルディ:苦しみが甘美なものならば(日本語歌詞)


◆11月7(土) 電気文化会館 曲順&アンコール

【曲順】
1. 即興演奏:ラ・ディア・スパニョ−ラ
2. バルバラ・ストロッツィ:恋するエラクレイト
3. マウリツィオ・カッツァーティ:チャコーナ
4. ジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェズ:プレッソ ロンデ トランクィッロ
5. 即興演奏:タランテラ・ナポリターナ
6. ルチッラ・ガレアッツィ:あぁ美しき人生
7. クラウディオ・モンテヴェルディ:あぁ私は倒れてしまう
8. ジローラモ・カプスベルガー:アルぺッジャータ
9. ルチッラ・ガレアッツィ:私の花の夢
10. 即興演奏:タランテラ・イタリアーナ
11. G.A.パンドルフィ・メアッリ:ラ・ヴィンツィオリーナ
12. クラウディオ・モンテヴェルディ:苦しみが甘美なものならば
13. ドメニコ・マリア・メッリ:ディスピエガーテ・グアンチェ・アマンテ
14. マルコ・ウッチェリーニ:満足したルチミニア
15. クラウディオ・モンテベルディ:Adagati, Poppea
16クラウディオ・モンテベルディ:美しい乙女
17. ルチッラ・ガレアッツィ/即興演奏:家が欲しいな
18. トラディショナル/即興演奏:ロマネスカによる子守唄

【アンコール】
1. ルチッラ・ガレアッツィ/即興演奏:家が欲しいな
2. クラウディオ・モンテヴェルディ:ああ、私は倒れてしまう
3. 作者不詳:Ciaccona del Paradiso e dell' Inferno
4. ルチッラ・ガレアッツィ:ああ、美しい人生
5. クラウディオ・モンテヴェルディ:苦しみが甘美なものならば(日本語歌詞)
>>詳細はこちら
2009.10.1
10月1日よりファミリーマートでの、オンラインチケットの発券・代金支払いサービスが開始!

1.サモンプロモーションホームページで申込みをしたチケットの代金支払い受付。
2.サモンプロモーションホームページで申込みをしたチケットの代金支払い+発券。
3.申込み/代金支払いが終わったチケットの発券。

発券手続きはこちらをご覧ください
→PC
→携帯
>>詳細はこちら
2009.8.6
フィリップ・ジャルスキーTV出演情報!

8月8日(土)23:00〜NHK衛星ハイビジョン
「ハイビジョン ウィークエンド シアター」
歌劇『アレッシオ』(ランディ) タイトルロールで出演!
>>詳細はこちら
2009.7.17
フィリップ・ジャルスキー&ラルペッジャータ東京追加・大阪公演決定

天使の翼を持つ美声
世界の頂点を極めた若き天才カウンターテノール!
注目のバロック・アンサンブルと共に来日! 
好評につき東京追加・大阪公演決定!

一般発売日:7月18日(土)

【公演日】
2009年
11月 1日(日)19:00開演 (18:30開場) サントリーホール ブルーローズ(東京)
11月10日(火)19:00開演 (18:30開場) サンケイホールブリーゼ(大阪)
※11/5東京公演残席わずか。11/7名古屋公演好評発売中!

【曲目】
モンテヴェルディ:
・「ああ、私は倒れてしまう」(『ミラヌッツィの歌の諧謔』 第4巻 から)
・「苦しみが甘美なものならば」
※やむを得ず曲目が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

【料金】
<東京> ¥9,500 (全席指定・税込)
<大阪> ¥8,500 (全席指定・税込)
※未就学児童入場不可。

【出演】
フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)
ラルペッジャータ(バロック・アンサンブル)
>>詳細はこちら
2009.6.15
フィリップ・ジャルスキー&ラルペッジャータ
Philippe Jaroussky & L’Arpeggiata

待望の再来日決定!
ヨーロッパで最も注目される新星カウンターテノール、フィリップ・ジャルスキー!
伝統音楽を継承するフランスのバロック・アンサンブルを引き連れて美声を披露する!

一般発売日:6月20日(土)

・公演
2009年11月5日(木) 19:00開演(18:30開場) 王子ホール (銀座)
2009年11月7日(土) 19:00開演(18:30開場) 電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋)

・入場料
【東京】 全席指定・税込 ¥9,500
【名古屋】 全席指定・税込 ¥8,500
※未就学児童入場不可

・出演
フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)
ラルペッジャータ(バロック・アンサンブル)

・演奏曲目
モンテヴェルディ:「愛の劇場」より 他
※やむを得ず曲目が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
>>詳細はこちら
2009.6.15
イングリット・フジコ・へミング&
フィリップ・ジャルスキー
Ingrid Fuzjko Hemming & Philippe Jaroussky

魂のピアニスト、フジコ・ヘミングとヨーロッパを席巻する新星カウンター・テノール、フィリップ・ジャルスキー共演決定!

一般発売日:6月20日(土)

・公演
2009年10月31日(土)14:00開演(13:15開場)東京芸術劇場 大ホール
2009年11月3日(火・祝)14:00開演(13:15開場)東京芸術劇場 大ホール

・入場料
S席¥12,000  A席¥10,000 B席¥8,000 C席¥6,000 SS席¥13,500 (全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

・出演
イングリット・フジコ・ヘミング(ピアノ)
フィリップ・ジャルスキー(カウンター・テノール)
ラルペッジャータ(バロック・アンサンブル)

・演奏曲目
シューマン:歌曲集「詩人の恋」より
リスト:ラ・カンパネラ
モンテヴェルディ:「愛の劇場」より 他
※やむを得ず曲目が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
>>詳細はこちら
2009.6.3
フィリップ・ジャルスキー
テレビ出演決定!

6月4日(木)23:25〜
NHK BSハイビジョン「世界が注目する男性歌手特集」
リサイタル「〜 17世紀の肖像 〜」の映像
番組ホームページ
>>詳細はこちら
2009.3.26
フィリップ・ジャルスキーTV出演情報!

昨年11月に、待望の初来日公演を果たしたフィリップ・ジャルスキーのインタビューと、公演の様子がTVで放送されます。

TV出演情報!「クラシカ・ジャパン」
スカパー!、ケーブルテレビ、
ブロードバンドTVにて。

4月 1日(水) 24:30
4月 7日(火) 11:40
4月13日(月) 10:00
4月24日(金) 18:00
4月30日(木) 23:10
詳しくは、www.classica-jp.com/
>>詳細はこちら
2009.3.3
『神々たちの旋律♪』
BS朝日(BSデジタル5ch)にて放送決定![無料放送]

神の旋律を奏でるアーティストたちの魂を探る30分のドキュメンタリー番組。
ご存知、「魂のピアニスト」フジコ・ヘミングや、
聴くものすべてを美しく揺さぶる「奇跡のソプラニスタ」岡本知高、
ニュージーランドが生んだ21世紀の歌姫「ピュア・ヴォイス」ヘイリー、
ヨーロッパを席巻するカウンター・テノール「天使の翼を持つ美声」フィリップ・ジャルスキー、
あのカラヤンが絶賛した歌声は「神様からの贈り物」スミ・ジョー、
「戦場のピアニスト」マキシム、望郷のバラードで知られる「天衣無縫のヴァイオリニスト」天満敦子・・・
そんな『神々たち』の魂の原点とは一体!?

才色兼備の「国際派キャスター」リサ・ステッグマイヤーをMCに、
スペシャルゲストに「ソプラニスタ」岡本知高を迎え、
「神々たち」の高度なテクニック、壮絶な人生、
そして華やかな舞台の裏側などを通し、各アーティストの素顔に迫る30分!!!
是非、お見逃しなく!!!

【出演】
SPECIAL GUEST:岡本知高(ソプラニスタ)
NAVIGATOR:リサ・ステッグマイヤー

第一回出演予定 : フジコ・ヘミング(ピアノ)、フィリップ・ジャルスキー(カウンターテノール)、岡本知高(ソプラニスタ)、ヘイリー
第二回出演予定 : スミ・ジョー(ソプラノ)、マキシム(ピアノ)、天満敦子(ヴァイオリン)

* 予告なしで番組の内容が変更する可能性がございます。

【放送日程】

放送局:BS朝日(BSデジタル5ch)[無料放送]

第一回放送日 2月28日(土) 23:30〜24:00 [再放送 3月 8日(日) 15:30〜16:00]

第二回放送日 3月15日(日) 15:30〜16:00 [再放送 3月29日(日) 15:30〜16:00]


>>詳細はこちら
2008.12.2
フィリップ・ジャルスキー
ソロ・リサイタル2008
ツアーダイアリーをアップしました!
>>詳細はこちら
2008.10.27
公演を間近に控えた、
フィリップ・ジャルスキー公演の
プログラムが決定しました!

第1部                          
■G.F.ヘンデル
歌劇《エジプトのジュリオ・チェーザレ》 (初演:1724)より 
・チェーザレのアリア〈エジプトの地は今こそ Presti Omai l’egizia terra〉
歌劇《リナルド》 (初演:1711)より 
・リナルドのアリア〈愛しい許婚よ Cara sposa〉
・リナルドのアリア〈風よ、旋風よ Venti, turbini〉

■W.A.モーツァルト
・(ジェローム・デュクロによる)ピアノソナタ 第12番 K332 より 第2楽章 
・歌曲〈ラウラに寄せる夕べの思い Abendempfindung an Laura〉K523 

■F.シューベルト 
・歌曲〈シルヴィアに An Sylvia〉
・歌曲〈死と乙女 Der Tod und das Mädchen〉D531 
・歌曲〈魔王 Erlkönig〉D328 

第2部
■C.シャミナード: 歌曲〈ミニヨンヌ Mignonne〉
■J.マスネ: 歌曲〈スペインの夜 Nuit d’espagne〉
■E.ショーソン: 歌曲〈はちすずめ Le colibri〉
■C.フランク: 歌曲〈夜想曲 Nocturne〉
■C.シャミナード: 歌曲〈ソンブレロ Sombrero〉
■C.フランク: (ジェローム・デュクロによる)オルガン曲〈前奏曲 Prélude〉 ピアノ独奏用への編曲版

■R.アーン
・歌曲〈クロリスに À Chloris〉 
・歌曲〈彼女の館のとりこになったとき Quand je fus pris au pavillon〉
・歌曲〈捧げもの Offrande〉
・歌曲〈はなやかな宴 Fêtes galantes〉 
・歌曲〈恍惚のとき L’heure exquise〉 
>>詳細はこちら
2008.10.17
11月に東京・名古屋で公演を控えた
フィリップ・ジャルスキーが、
月刊ぶらあぼ11月号の表紙に登場!!
>>詳細はこちら
2008.8.22
■フィリップ・ジャルスキー ソロ・リサイタル 2008
待望の初来日決定!今ヨーロッパを席巻する新星カウンター・テノール!
天使の翼を持つ美声、遂に日本に舞い降りる!

【 公演日 】
2008年11月8日(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
2008年11月12日(水)18:30 宗次ホール(名古屋)

【 入場料 】
東京公演
S席6,000円 A席5,000円 (全席指定・税込)
名古屋公演
¥6,000(全席指定・税込み)
※未就学児童のご入場はご遠慮願います。

【 出演 】
フィリップ・ジャルスキー(カウンター・テノール)
ジェローム・デュロック(ピアノ)

【 演奏曲目 】
ヴィヴァルディ、ヘンデルのアリアより
レーナルド・アーン:「クローリスへ」「恍惚のとき」
ガブリエル・フォーレ:「月の光」
エルネス・ショーソン:「リラの花咲く頃」 他
※やむを得ず曲目が変更する場合がございます。予めご了承ください。
>>詳細はこちら

ディスコグラフィー
 
 
 

 




Page Top