• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

チャーリー・シエム

クラシック音楽界に新たな風を吹き込んだ、注目の若手ヴァイオリニスト、チャーリーシエム。
その斬新なパフォーマンス、洗練されたルックスは観るもの全てを魅了する。

1986年、ロンドン生まれ。ヨーロッパや北米を中心に活躍しているヴァイオリニスト。純クラシック以外にもクロスオーバー、ジャズなどを演奏し幅広い音楽性を持つ。故ユーディ・メニューインの演奏を聴いたことがきっかけとなり、3歳よりヴァイオリンを始める。ケンブリッジ大学で音楽を学んだ後、ギルドホール音楽院と英国王立音楽大学にてシュロモ・ミンツ、イツァーク・ラシュコフスキーに師事。

シエムは既に世界中のオーケストラと共演を重ねており、豊富なステージ経験を積んでいる。今までに、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、リトアニア国立交響楽団、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。又、グシュタード・メニューイン音楽祭を始め、サンモリッツ音楽祭、アメリカ・スポレート音楽祭やウィンザー音楽祭など多数の音楽祭にゲスト出演し、その若さと才能溢れる演奏で人々を魅了している。

2008年10月に行われたモスクワ・フィルハーモニー交響楽団との英国ツアーでは、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏し、高い評価を得た。2009年にはパリ、ロンドン、オスロ、ベルゲン、バーゼルで行われたコンサートで成功をおさめ、今ヨーロッパで最も有望視されている若手クラシックアーティストの一人となった。同年7月に行われた英国ロイヤル・バレエ団キューバ公演では、自らもステージに上がりバレエダンサーの演技に合わせて演奏するというユニークなコラボレーションを実現し、その公演で、型にはまることのない独自のスタイルを持った新しいタイプのアーティストとして、人々に強い印象を与えた。

2010年にワーナー・クラシックス&ジャズと契約を結ぶ。同年、カーネギーホールで演奏を行うほか、名門チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とロイヤル・アルバート・ホール、ニューヨーク、テルアビブなど各地で共演し更なる活躍の場を拡げた。同年末にはヨーロッパ各地で行われた、クラシックとポップスを融合した「ナイト・オブ・ザ・プロムス」のツアーに全33回も出演するという偉業を成し遂げ、マスコミに大きく取り上げられた。


シエムはヴァイオリニストとして活動する傍らその端整な顔立ちが話題を呼び、ファッション業界にも進出している。2011年のダンヒルのイメージモデルに起用されているほか、イタリアのメンズ・ヴォーグをはじめとする数々のファッション雑誌にも登場しており、音楽以外の分野でも活躍の幅を広げている。写真家マリオ・テスティノは、「シエムはクラシック音楽界に新しい風を吹き込んだ。彼は高い技術のみならず洗練されたルックスを兼ね備えている。これが彼を圧倒的な存在として、ひときわ輝かせている。」と絶賛している。

2011年も世界各地を駆け回り、シエムにとって多忙な年になりそうだ。4月にはオランダ公演、7月にはデンマークにて英国ロイヤル・バレエ団との共演や、メニューイン・グシュタード音楽祭にてサー・ロジャー・ノリントンとの共演を控えている。更に、アメリカ、ノルウェー、スイス、中国でのツアーや、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでのリサイタルなど数々の公演が予定されており、飛躍の年になるだろう。3月にはロンドン交響楽団とのレコーディングが行われたばかりで、2011年中にワーナー・クラシックス&ジャズより2枚目となるニューアルバムを発表する予定。

現在シエムは、1735年製のガルネリ・デル・ジェス「d’Egville」を貸与されている。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ