• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

レッド・プリースト

ローリング・ストーンズ、ジャクソン・ポロック、マルクス兄弟、スパイク・ジョーンズ、シルク・ド・ソレイユといった偉大なエンターテイナーたちに例えられる唯一の古楽グループ

“visionary and heretical” -「先見ある異端児」
“outrageous yet compulsive” -「突拍子ないが目が離せない」
“wholly irreverent and highly enlightened” -「完全に型破りだが非常に賢明」
“red-hot wicked sense of humor” -「最高に燃えたぎるユーモア」
“break-all-rules, rock-chamber concert approach to early music” -「型破りな古楽ロック・コンサート」

1977年結成、「赤毛の司祭」アントニオ・ヴィヴァルディにちなんで名付けられたレッド・プリーストは、国内外でのコンサートは完売、世界中の音楽祭(香港藝術節、モスクワ12月音楽祭、シュヴェッツィンゲン音楽祭、プラハの春音楽祭、バミューダ・ミュージック・フェスティバルなど)で活躍している。NHKやイギリスのITVなどテレビ番組にも取り上げられた事があり、特にITVでは名誉ある番組「サウス・バンク・ショー」にて、2005年古楽と最新の舞台芸術を融合させた「レッド・ホット・バロック・ショー」の様子が放映された。
メンバーは、ワシントン・ポストが「現在世界に君臨するリコーダーの名手」と絶賛するリコーダー奏者のピアーズ・アダムズ、そしてヴァイオリニストのジュリア・ビショップ、チェリストのアンジェラ・イースト、チェンバロ奏者のデイヴィッド・ライト。2006年のツアーからはジュリア・ビショップの代わりにカナダのバロック・ヴァイオリニスト、デヴィッド・グリーンベルグと共演することもある。彼らは古楽演奏を再定義し、冒険的な至芸、率直な感情表現、魅力的な演出を以って、オーケストラに匹敵するサウンドを創り出している。レパートリーの幅は広く、17世紀の無名ソナタから、バッハやヴィヴァルディの耳馴染みの楽曲まで多岐に渡る。「Nightmare in Venice(ベニスの悪夢)」(「ベニスに死す」のパロディ)や「Pirates of the Baroque(パイレーツ・オブ・ザ・バロック)」(「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」のパロディ)など彼らのプログラムはとても個性的で、映画の題名などをひねったタイトルが付けられている。
2009年より自身のレーベルを立ち上げ、過去の評判の良かったCDを新しい録音で再リリースしている。今後の活動として、メンバーのソロ活動や、オール・バッハCDや「四季」DVDのリリース、音楽の配信など数々計画されている。

ピアーズ・アダムス(リコーダー)
ワシントン・ポスト紙で「現在世界に君臨するりコーダーの名手」と絶賛。ロンドン・ロイヤル・フェスティバルなどの音楽祭やウィグモア・ホールやクイーン・エリザベス・ホールをはじめとする有名なホールで演奏、フィルハーモニア管弦楽団、イングリッシュ・シンフォニア、アイルランド室内管弦楽団、エンシェント室内管弦楽団、BBC交響楽団など一流のオーケストラと共演している。ソロCDも多く発表しており、受賞したヴィヴァルディ作品を収録したデビューCDから、デイヴィッド・ベッドフォード(ピアーズのために多数の曲を作曲)のリコーダー協奏曲まで、折衷主義を反映している内容は幅広い。古典派、ロマン派、印象派や民俗音楽の影響受けた小品などを研究、編曲、録音しており、それらはサイタルの中核を担っている。

ジュリア・ビショップ(ヴァイオリン)
BBCミュージック・マガジンに「サイケデリック」と称される、傑出したバロック・ヴァイオリニストの一人である。イングリッシュ・コンサート(6年間在籍していた)などイギリスを先導する古楽オーケストラの多くとワールド・ツアーを回っている。オーケストラのリーダーやソリストとして精力的に活動しており、中でも名高いガブリエリ・コンソート&プレイヤーズとの共演はグラモフォンで録音された。その他、フロリレギウム、ブランデンブルグ・コンソート、ハノーヴァー・バンドとの共演や、BBCラジオのためフェスティングのソナタの録音などを行っている。

アンジェラ・イースト(チェロ)
古楽界における最も素晴らしくダイナミックなチェロ奏者の一人として幅広く尊敬を集めている。タイムズ紙は彼女のチェロを「雄大な力」と称賛した。彼女はロンドンのクイーン・エリザベス・ホールやウィグモア・ホールでソリストとして演奏を披露、またヨーロッパを代表するバロック・オーケストラとも共演を重ねている。ミラノのスカラ座、シドニーのオペラ・ハウス、ヴェルサイユやグラインドボーン音楽祭などでの演奏も経験。1991年、「ザ・レヴォリューショナリー・ドローイング・ルーム」という室内楽グループを結成し、ヨーロッパの革命時代からの作品を冬至の楽器で演奏するというコンセプトのもと活動、リリースした8枚のCDは世界各地で好評を博している。2009年に、レッド・プリーストと待望のバッハのチェロ組曲、そして有名なバロックのチェロ・ソナタを集めたリサイタルCD「Baroque Cello Illuminations」 を同時に発売。高い評価を得て、クラシカル・ミュージック・マガジンにて2週連続で1位となる。

デイヴィッド・ライト(チェンバロ)
古楽界において傑出した演奏者の一人。チェンバロをほぼ独学で学び、奨学金を受け英国王立音楽大学へ入学。以後、ブロードウッド国際コンクールなどにおいて入賞。エマ・カークビー、ジェイムズ・ボウマン、スティーヴン・バーコーなどの一流のミュージシャンや国際的にも有名なグループとも共演している。チェンバロを取り入れた現代的パフォーマンスを演出する他、ヨーロッパでもオーケストラで客演指揮者としても活躍している。近年の活動としては、ゴルトベルク変奏曲を録音し精力的にツアーを行っている。TVやラジオにも数多く出演し、チェンバロ奏者としても地位を確立している中、2011年1月に正式にレッド・プリーストのメンバーとなる。



>>オフィシャルサイト

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ