• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

ユーリ・シモノフ

可能性をたゆまず追求し続けるロシア音楽界の世界的重鎮
その卓越したテクニックによる繊細かつダイナミックなスタイルは、聴きなれた旋律にも新たな生命を吹き込む

1941年旧ソ連のサラトフのオペラ歌手一家に生まれる。レニングラード音楽院でラビノヴィッチに師事し、その後レニングラード・フィルでムラヴィンスキーの助手を務める。
1968年、ローマのサンタ・チェチーリア指揮者コンクールでロシア人初の優勝の栄冠に輝く。翌年ボリショイ歌劇場に招かれ「アイーダ」でデビューを飾 り、間もなく同歌劇団の首席指揮者として任命される。彼は同歌劇団史上最年少で就任した首席指揮者であるとともに、1985年までその地位につき最長在任 記録をつくった。
ボリショイ時代は40年空白だったワーグナーを復活させ、また欧米、日本と各地の公演で喝采を浴びる。1982年にコヴェント・ガーデン王立歌劇場でデ ビュー。英国デビューの際、ファイナンシャル・タイムズは「完璧なるチャイコフスキーの理解者」と絶賛した。その後フィルハーモニア、ロンドン交響楽団 等、英国主要オーケストラの指揮を行い、1986年にはコヴェント・ガーデンのシーズン初日にヴェルディの「椿姫」を指揮した。その後、ボストン交響楽団 およびロサンゼルス・フィルの指揮で1989年米国デビューを果たす。翌年はオペラデビューを飾り、プラシド・ドミンゴ主演の「ドン・カルロ」、1993 年にはルネ・フレミング主演の「エフゲーニ・オネーギン」等を指揮。
1994年以降はベルギー国立管弦楽団の音楽監督、1998年以降はモスクワ・フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者となり今に至る。同時にブタペストオ ペラ、ハンガリー国立劇場など、指揮者としてオペラ作品の新たな制作に携わる。モスクワ・フィルとは1999年に始まったアメリカツアーを始め、欧米各地 は勿論、日本、韓国、台湾で公演を行っている。

>>オフィシャルサイト

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ