• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

マルコ・グイダリーニ

世界各地の歌劇場や数多くのオーケストラと共演し、現在はニース交響楽団の首席指揮者として活躍する世界的マエストロ

マルコ・グイダリーニはジェノアで生まれ、様々な音楽的、文化的なバックグラウンドを持ち、指揮法やクラシックを学び、チェロではアンドレ・ナバッラのもと、大学院まで進んだ。チェロ奏者として、クラウディオ・アバドやカルロ・マリア・ジュリーニを指揮による演奏を最後に、チェロ奏者としてのキャリアを辞め、指揮者としてフランコ・フェラーラやマリオ・グゼッラの下に指揮法を学び、ペスカーラ大学院の国際応用音楽コースを首席で卒業。

彼の指揮者としての人生はイタリアで始まり、当初はトスカーナ州立管弦楽団、ジェノヴァ市立劇場(シベリウス)、ボローニャ市立管弦楽団(ラヴェル)、ボ ルツァーノ・ハイデン管弦楽団(プロコフィエフ)、バリ交響楽団などと共演し話題を集めた。その後、彼はリヨンオペラのジョン・エリオット・ガーディ ナーの誘いを引き受け、その環境で、彼はバロックと古典時代の美学と解釈上の知識を、特にモーツァルトの業績を基に深めていった。マルコは1986 年、リヨンにてヴェルディの「ファルスタッフ」でオペラのデビューを果たす。

1980年-90年シーズンにはオペラ・ノースで「セヴィリアの理髪師」、ダブリンでは「蝶々夫人」を指揮し、リーズ・フェスティバルではロッシーニの 「小荘厳ミサ曲」を指揮。1990年-91年は英国国立オペラでの「トスカ」でシーズンを始めた。続いてローマのRAI放送楽団とコンサート (ストラヴィンスキー、ドビュッシー)を行い、ウェールズ国立オペラでは「フィガロの結婚」を指揮し、高い評価を得た。このシーズンには他に「ラ・ ボエム」をスコティッシュ・オペラで、「マノン・レスコー」をダブリンで指揮した。

マルコ・グイダリーニは「こうもり」と「魔笛」のリバイバルをウェールズ国立オペラで指揮し、「カルメン」をスコティッシュ・オペラ、「ドン・パスクアー レ」でバンクーバーデビューを果たし、オーストラリア・オペラでトスカを指揮し、メルボルンのABCオーケストラとの共演を果たして高い評価を得た。 グラインド・ツアリング・オペラでは「フィガロの結婚」を指揮し、「ラ・ボエーム」をスコティッシュ・オペラで再演してバンクーバーでも公演を行った。
その後、イタリア、コペンハーゲン、ドイツ、アイルランド、スペイン、スイス、アメリカと、世界各国でコンサートデビューを果たす。

2001年-02年シーズンにはニース交響楽団の首席指揮者を引き受け、マーラーの交響曲6番に始まる非常に挑戦的なコンサートツアーを行い、オーストラ リアのアデレードではヴェルディの「レクイエム」、パリのフランススタジアムで「アイーダ」と「カルメン」、ニースで「ドン・ジョヴァンニ」、メトロポリ タンオペラでは「リゴレット」を指揮して大成功を果たす。6月には「ファウストの劫罰」の新バージョンをライプツィヒ歌劇場で行い、8月にはアン・ デア・ウィーン劇場で行われているクランクボーゲン音楽祭でレオンカヴァロの「ラ・ボエーム」を指揮。昨シーズンは他にもボローニャで「ラ・ボ エーム」、フランスラジオ用にフランス国立管弦楽団と「エドガール」と「妖精ヴィッリ」、ナポリのサンカルロ劇場で「レニャーノの戦い」、ニースでは長期間に渡る「ラ・ボエーム」や「魔笛」などのコンサートシリーズを行いどれも好評を博した。他にはロベルト・アラーニャ(テノール)とアルファーノのシラノ・ド・ベルジュラックをレコーディング(EMI)した。今後、彼はライプツィヒで「アイーダ」、バルセロナで「海賊」、オランジュ・フェスティバ ルで「ランメルモールのルチア」を指揮する予定。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ