• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

ペトル・ヴロンスキー

昨年まで、ヤナーチェック・フィルハーモニーの首席指揮者として活躍、現在は任期を終え、チェコ国立ブルノ劇場にてオペラの指揮、制作に携わっている

1946年、プラハ生まれ。現在、チェコで指揮者として活躍中。
1971年はブザンソン(フランス)の指揮者コンクールに参加し、1973年にはカラヤン指揮コンクールに参加するなど、成功を収めた後、ピルゼンのオペラ・カンパニーで指揮者としてのキャリアを開始した。
1974年から1978年は、チェコのウースチー・ナト・ラベム劇場(State Theater in Usti nad Labem)の首席指揮者を務めた。
1978年にはブルノ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に任命され、1991年までその座に就いた。
2002年からは、ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めている。
彼は、客員指揮者として様々なオーケストラとの共演を果たす。ベルリン交響楽団、ミュンヘン放送交響楽団(Munich Radio Symphony Orchestra)、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、シュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー 交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ・アントワープ(Royal Philharmonic Orchestra Antwerpen)、ザグレブフィルハーモニー管弦楽団、チューリッヒ交響楽団(Zurich Symphony Orchestra)、読売日本交響楽団、東京都交響楽団などとの共演を行った。
また、チェコ国内のオーケストラ、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団、プラハ放送交響楽団、ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団等に客員指揮者として定期的に招かれている。
さらに、交響曲の指揮だけではなく、プラハ国立歌劇場、モンテカルロ・オペラや、コロン劇場とオペラ作品の制作に関わっている。ヴロンスキーのレパートリーには約200もの交響曲とオペラ作品がある。
現在は、ヤナーチェック・フィルハーモニーの任期を追え、ブルノ国立劇場にて、数々のオペラ作品の指揮を行なっている。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ