• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

トマス・ダウスガ-ド

類まれなる信念と洞察力を備えもった指揮者である

トマス・ダウスガードは1997年9月からスウェーデン室内管弦楽団の音楽監督を務めています。彼らはSimaxレーベルから現在ベートーベンの全ての管 弦楽曲をレコーディング中で、既にCDが5枚発売され、大変な好評を博している。2002年にはドイツで11公演のツアーを大成功に収め、2003年の 春にもドイツのツアーを行った。
2001年1月にデンマーク国立放送交響楽団の主任客演指揮者に任命され、長期に渡る良い関係を築き、この楽団と共にトマスは初めてベルリン・フィルハー モニー、ウィーン・コンツェルトハウスで公演を行った。2002年7月にはイギリスツアーを行い、ロイヤル・アルバート・ホールでのBBCプロムスで の公演も行った。「ダウスガートはブラームスの交響曲第1番に、新鮮さと躍動感だけでなく深みと成熟を与える。」-デビッド・ファニング(デイ リー・テレグラフ)
トマス・ダウスガードは客演指揮者としても水準の大変高いオーケストラと共演してきた。ドイツではバイエルン放送交響楽団、ドレスデン・フィルハーモ ニー管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、パリではフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、スカンジナビ アではスウェーデン放送交響楽団とオスロフィルハーモニー管弦楽団と定期公演を行っている。サンクトペテルブルグ交響楽団と共演をし、イタリアツアーも成功させた。イタリアでは他にRAIトリノ放送交響楽団、ラ・スカーラ交響楽団とも共演を果たした。
イギリスでは2001年にBBCフィルハーモニック管弦楽団とプロムスへの出演で大成功を果たし、2003年初めにはブリッジウォーター・ホールで同楽団 のベートーベン交響曲第9番を指揮。昨シーズンはユーリ・テミルカーノフの直前の代役として、ロイヤル・フェスティバル・ホールで初めてロンド ン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、同シーズンには他にBBCスコティッシュ交響楽団、バーミンガム市交響楽団とも共演した。他にもロイヤル・ フィルハーモニック交響楽団、ロイヤル・リバプール交響楽団、ハレ交響楽団、スコティッシュ室内管弦楽団、BBC NOW、BBC交響楽団と共演した。
北アメリカではニューヨークで2002年夏に行われたモストリー・モーツァルト・フェスティバルでデビューを果たし、トロント交響楽団と1月に共演し、再 度6月に同楽団でマーラーの交響曲第4番を指揮した。フィラデルフィア交響楽団を2度指揮し、モントリオール交響楽団を3度、他にもピッツバーグ交響 楽団、インディアナポリス交響楽団、ハリウッドボウルではロサンジェルス交響楽団を指揮した。2003年シーズンはシアトルとセントルイス交響楽団と の共演デビューを果す。
トマス・ダウスガートは既に多くのディズコグラフィーを抱えていて、チャンドスレコード、CPOレーベル、ダカーポレコード、Simaxレコード、スター リングレコード、EMIメドレーなどから発売している。デンマーク国立放送交響楽団とダカーポレコードでランゴーの16の交響曲を録音している。同楽 団とペル・ネルゴーの交響楽団第6番をチャンドスレコードから発表し、2002年のグラモフォンアワードにノミネートされた。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ