• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

二村英仁

東京生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。9歳から16歳まで毎夏渡米し、ジュリアード音楽院の故ドロシー・ディレイ女史に個人教授を受けた。11歳の時に名指揮者故ユージン・オーマンディー氏に激賞され将来を嘱望される。
東京芸術大学附属高校を経て同大学卒業。’94年パガニーニ国際コンクール第2位。’95年日本国際音楽コンクール第1位。その他幼少の頃よりコンクールにて優勝。’96年出光音楽賞受賞。同年より主に海外において演奏活動を開始し、欧州の重要なホールにて成功をおさめてきた。
チャリティー・コンサートへの参加も積極的に行ない、紛争後のボスニア・ヘルツェゴビナ国内にある職業復帰訓練所への義手・義足の多数寄付など多くの社会活動が認められ、’98年国連より日本人として初の「ユネスコ平和芸術家」に任命された。その後もサラエボ・コソボ・パレスチナ等で演奏。’00年「音楽にできること~ヴァイオリニスト二村英仁~」としてNHK総合、BS2では3夜連続の二時間番組でドキュメンタリーが放送された。KDD「プロジェクト001 プラハ編」のCM、「徹子の部屋」「筑紫哲也NEWS 23」「題名のない音楽会」「スタジオパーク」「東急ジルベスターコンサート」等の出演をはじめ多数のテレビ・雑誌等のメディアに取り上げられた他、NHKドラマシリーズ「夢みる葡萄」のメインテーマやエンディングテーマ等の演奏も手懸け、’04年にはニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。
その他の主なテレビ作品に「封印された旋律」(BS-i・ハイビジョン国際映画祭入賞作品)。
CDはこれまでにソニークラシカルより「音楽にできること」「時空をこえて」、イギリス・ロイヤルフィルハーモニック管弦楽団との共演で「スカーレット・メロディ~緋色の旋律」等をリリースしている。
国内主要オーケストラをはじめ、海外オーケストラとの数多くのコンチェルト共演を重ね、華々しいキャリアを築いている一方で、「ユネスコ平和芸術家」として音楽を通じての社会貢献活動に取り組んできた。
現在は日本ユネスコ協会連盟が行なっている「東日本大震災子ども支援募金」協力のため、全国各地を積極的に演奏して廻っている。
‘12年11月“芸術による世界平和への貢献”を称えられ、イスラエルより「世界平和親善大使」の称号を授与された。
所有楽器は1707年製ストラディヴァリウス“Stella”。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ