• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

吉川よしひろ

彼の奏でるスタンディング”一人チェロ・パフォーマンス”の世界は
従来のCELLO奏法の手法を絶する 斬新で・かつ想像を越えたものであるという点にあり、
そのオリジナルなサウンドは世界各地で多くのオーディエンスを魅了し続けている。

山形県鶴岡市出身。
JAZZ・ヒーリング・民族音楽を融合させた独自 の音楽を即興演奏にのせた 未だかつてない“一人チェロパフォーマン ス”奏法で国内外で活動。その演奏スタイルは生まれながらにして片耳 聴覚障害のハンディキャップを補うために編み出されたもので、これまで海外公演でも高い評価を得てきた。

19歳の時にミュージシャンを目指 し上京。A.N. Music School入学。22歳でプ ロデビュー、その後は著 名アーティストのツアーサポートのかたわら、スタジオミュージシャ ンとして活動。有名アーティストのレコーディングやJazzセッ ションに参加するなどプロの第一線で活動後、単身渡米。 ジャズの本場ニューヨークにて活動を開始後、2008年日本へ帰国。
現在は日本に拠点に置き、コンサートのみならずハンディを題材とし た講演活動にも取り組み、話題を集めている。

同じ東北出身の詩人「宮沢 賢治」に敬意を表し、これまでステージでは欠かさず東北弁で「雨ニモ マケズ・・風ニモマケズ・・」を朗読、この「詩」と吉川氏自身を重ね合わせ「宮沢賢治」 の生きてきた道を語りかけている。チェロから奏でられるメロディー のみならず、彼の口から語られる言葉は数多くのオーディエンスから絶賛され、全国各地を周り、今までにない斬新なスタンディング“一人チェ ロパフォーマンス” スタイル奏法で多くの人々を魅了してやまない。


History in abroad
2003.02 アメリカ渡米アメリカ政府公認のアーティストビザを取得。本 格的に音楽活動 をスタートさせる
2005.04 ニューヨークブルックリンのTV番組「ウェルカムアボードライブ」に2回に渡って日本人初出演。
2005.04 ニューヨークマンハッタンにて本格的なコンサートを開催し大絶賛を得る。
2005.05 アメリカチェロユニオン「New Directions Cello Association」に日本人代表として欧米のチェリストと共に名を連ねる。
2005.08 オーストラリア公演「2005・五公演」を開催。オーストラリア国内新聞に“革新的なチェロ奏者”と写真入りで大きく取り上げられる。
2005.09 ニューヨークにてエラント財団主催 9・11追悼記念式典で「アメージンググレイス」をソロで演奏する。
2005.09 ニューヨークにて「Goshen Jazz Festival」に日本人として初出演。満員の聴衆と出演者からスタンディングオベーションを得る。
2006  アメリカ サクラメント市サクラメント大学にて「Jazz Cello Workshop/Jazz奏法」の講師を務める
同年  アメリカ ワシントンDC「ケイディセンター・ミレニアムステージ」に出演
同年  アメリカ カリフォルニア州サクラメント市で開催された、「THE NEW DIRECTIONS CELLO FESTIVAL」に日本人チェリストとして初ゲスト出演。


History in japan
ギタリスト渡辺香津美のコンサートツアーサポーターとして全国公演に出演
2001年には1stアルバム「ザ・チェロアコースティック」にてデビュー。韓国でも発売され、1万枚の売り上げを記録。
アルバム収録曲数多くのテレビ番組・FMラジオ、日本航空機内誌やライブラリーに採用されるなど、好評を得る。
NHK福島「みんなのTV」テーマソングの作曲・演奏を担当。
東京国際映画祭オープニングアクトを務める。
2006年には宮沢賢治生誕110周年記念イベント「イーハートーブ音楽祭」にゲスト出演。
近年は講演活動に積極的に参加。「オリジナルを創る・コンプレックスを個性に変えて」「障害を持って生まれても可能性は必ず引き出せる」「夢を諦めないで」等、自身のハンディキャップを取り入れた題目で新しい可能性を探っている


Media and others
TV出演
2005年 NHK総合 話題の人を紹介する番組に出演
2005年 NHKドキュメンタリー番組「自由にチェロを奏でたい」がNHK総合・NHK福島放送制作で東北6 県で放送され反響を得る
2006年 NHK視聴者からのリクエスト反響に応じて「自由にチェロを奏でたい」再放送
2015年 全国放送・NHKラジオ深夜便「明日へのことば」(40分間)にて「演奏は一期一会のご縁」の心の軌跡を語る。
福岡県福岡市にて「福岡のいのちの電話」主催の会に題目「可能性を信じて誰もが人生の主人公」ゲスト講演出演。
2016年 NHK Eテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」にて「自由に音を奏でたい」と題したドキュメンタリーが全国放送。自らの過去を赤裸々に語る


主な作曲作品・演奏曲採用
NHK福島“みんなのTV”テーマソング作曲・演奏担当
CKホーム東日本テレビCMに出演・音楽担当
日本航空機内ライブラリーにてオリジナル曲「オーロラ」が採用される
2002年日韓サッカーワールドカップNHK/BSスポット番組の中でオリジナル曲「レニングラードの白夜」が流れる
他、数多くのメジャーTVコマーシャル・映画音楽・レコーディング等に作曲者・奏者として参加








ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ