• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

マキシム

鍵盤のプリンス、旋律のマジシャン、ピアノプレイヤー・マキシム

1975年5月3日生まれ。2m近い長身と甘いマスクを持ち、「旋律のマジシャン」、「鍵盤のプリンス」と呼ばれる一方、実力も確かなものがあり、著名オーケストラや指揮者、ソリストたちとの共演経験も多数持つ。現在、人気・実力共に確固たる地位を築いているピアニストの一人である。

ヨーロッパ最後の秘境、クロアチア・アドリア海沿岸の美しい街シベニクで生まれたマキシムは9歳の頃に初めてピアノに触れ、11歳でオーケストラと共演。1990年15歳の時にユーゴスラビア内戦が勃発。この当時、ピアニストになりたいという夢を抱くことさえ容易ではなかったという。彼の住む町には毎日何千もの爆弾が落ちていたが、「生き続けなくてはいけない。自分を救う唯一の術はピアノなんだ」と、音楽学校の地下室で練習し続けその実力を伸ばしていった。過酷な環境にも関わらず、1993年クロアチアの首都ザグレブにて初めての本格的なコンクールで優勝。一番戦火の激しかった地域からの出場者が優勝したことに会場の誰もが驚きを隠せなかったという。コンクールでの優勝を契機に音楽学院に進学、アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリの弟子でもあったウラジミール・クルパン教授に5年間師事する。その後、リスト音楽院で学び、在学中にニコライ・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールで優勝。2000年にはパリに移り、イゴール・ラツィコのもとでさらなる研鑽を積み、2001年にはポントワーズ・ピアノ・コンクールにおいても優勝を果たした。

2003年、メジャー・レーベルと契約。現在は世界で最も人気のあるクロスオーバ―ピアニストにまで上り詰めた。世界57ヶ国で200万枚以上を売り上げ、各国でゴールド、プラチナ、ダブルプラチナ・ディスクを受賞している。Youtubeのヒット数もトータル6千万再生回数を超えている。
初のクロスオーバ―・アルバムは大成功を収め、MTVベストデビューアルバムにノミネートされた。

2004年、日本をはじめアジア各地でのツアーを敢行し、最大35,000人ものファンが会場を埋め尽くした(2009年台湾)。以降も各国で公演を重ね、成功を収めている。内容もバックバンド、オーケストラとのコンチェルト、ピアノソロと幅広く行っており、クロスオーバー・ピアニストとしてだけでなくクラシック・ピアニストとしてもファンを魅了している。2010年には、各国での公演の他、ワルシャワで開催されたポーランド・ショパン協会主催「ショパン生誕200周年記念コンサート」出演。2011年秋には2年振りの日本ツアーを行った。

独特なファッションセンスを受け、ドルチェ&ガッバーナやクリスチャン・ディオール等の世界をリードするファッションブランドとのコラボレーションも果たし、コンサートやミュージックビデオ、メディアイベントで着用する衣装が提供されている。2004年にファッション誌ヴォーグ台湾のベストドレッサーに選ばれ、2010年にファッションブランド、アルマーニ主催のVIPゲスト向けの催しに招待され演奏を披露した。
マキシムの持つカリスマ性と稀有な才能に惹かれたのはファッション業界に留まらず、BMWやメルセデス、ビュイックといった世界的ブランドも同様に彼の魅力に惹かれている。




>>オフィシャルサイト

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ