• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

岡本知高

天使の歌声を持つ、世界で3人と言われるソプラニスタ、岡本知高が、天から舞い降りる!

1976年生まれ。高知県宿毛市出身。
男性でありながら女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手【ソプラニスタ】。
多くのソプラニスタやカウンターテノールがファルセット(男性裏声)を用いて技巧的に発声するのに対し、岡本の場合は、男性としての強い筋力と豊かな肺活量を、生まれながらのソプラノヴォイスを通して発揮できるという、世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。テノールやバリトンといった一般男性の声は合わせ持っておらず、発声のメカニズムとしては完全に女性ソプラノと同様と考えて良いため、“コントラバスにヴァイオリンの弦が張られている”などと本人は愉快な表現で説明している。

そのレパートリーは、バロック時代のカストラート作品から宗教曲、オペラ、日本歌曲、クラシカル・クロスオーバー、ミュージカル、ポップスと多岐にわたり、その唯一無二の奇跡の歌声は国内主要オーケストラや様々なアーティストとの共演の他、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、イギリス室内管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ室内管弦楽団といった海外オーケストラからの呼び声も高い。各地でのソロコンサートやオペラ、イベント出演等で会場を沸かせる一方、ライフワークとして取り組んでいる学校訪問コンサートや、公演先の地元学生らとのステージ共演に力を注ぐなど、音楽教師を目指していたという岡本らしい子供達とのふれあい活動も全国展開している。その背景にあるのは、“地元宿毛市の豊かな自然の中で天真爛漫に育った幼少時代と、6歳のときに足の病気を患い、親元を離れ養護施設で過ごした4年間の貴重な経験が、現在の岡本知高の礎である”と本人も語っている。

1998年ベートーヴェン作曲「第九」日本初演80周年記念再現リサイタルにソプラノソリストとして抜擢を受けてデビューし、1999年国立音楽大学声楽科を卒業。数々のコンクールで優勝・入賞を果たし、パリ・プーランク音楽院に留学。審査員満場一致の一位を獲得、首席で修了。2002年帰国直後、NHK『スタジオパークからこんにちは』などへの出演を機にその歌声はもちろん、独特のコスチュームと楽しいキャラクターで、一躍その名は全国的に知られることとなった。2003年ユニバーサルミュージックより初アルバム『ソプラニスタ』でCDデビューを果たし、これまでにカネボウ、グリコ、東レなどのテレビコマーシャルでも印象的な歌声を聴かせている。2004年には人気を集めた昼ドラマ『牡丹と薔薇』(THK・CX系)で主題歌「涙のアリア」を担当。『第71回日本ダービー』開会式にて国歌独唱。2006年よりCX系フィギュアスケート番組のオープニングソング『ボレロ』を担当。『世界フィギュアスケート選手権大会2007東京』開会式にて国歌独唱。2009年より(株)ホリプロに所属。2010年NHK『第53回ニューイヤーオペラコンサート』に出演。カストラートの軌跡を求めてイタリアを訪れたNHK『プレミアム8 夢の聖地へ』は大きな反響を呼び、度重なる再放送が繰り広げられた。2012年初の韓国ソウル公演ではソウルフィルハーモニック交響楽団と共演し鳴り止まぬ熱狂的な喝采に包まれた。歌劇『ハーメルンの笛吹き男』世界初演に主演、その後の再演でも好評を博している。2013年『四大陸フィギュアスケート選手権大会2013』オープニング・セレモニーにて国歌独唱。初のクラシカル・クロスオーバー東京公演を成功させる。2014年『ソチオリンピック日本選手団結団式』にて国歌独唱を務め、3月放送のNHK BSプレミアムドラマ『ダルマさんが笑った。』では主題歌を担当。同年3月東宝の舞台に初登場となる作品音楽劇『ピトレスク』に出演。



>>特設サイト
>>Universal Music

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報

2016.10.14

岡本知高 東京公演当日券のお知らせ

ソプラニスタ・岡本知高の2016年10月16日に東京オペラシティで行われる“Concerto del Sopranista 2016-2017”にて、当日券を販売いたします。

【販売開始時刻】
12:30~
【値段】
6,000円(全席指定・税込)
※枚数がなくなり次第終了とさせていただきます。


>>詳細はこちら

2016.9.20

岡本知高 ニューアルバム『春なのに~想歌(おもひうた)』10/12発売!!

清塚信也による繊細なピアノ・アレンジと共に紡がれた日本の名曲。
普段当たり前のように過ごしている日常、その中にある幸せの原風景、大きな意味での愛溢れる唄を岡本知高の優しさに満ちた歌声で届けます。
人気ピアニスト清塚信也がアレンジ&ピアノ演奏担当。

春なのに~想歌(おもひうた)
2016.10.12 ON SALE CD: UCCY-1071

[収録曲]
1. 春なのに   *リード・トラック*
2. 木蘭の涙
3. いのちの歌
4. 糸
5. さくらの花よ、泣きなさい
6. 上を向いて歩こう *アカペラ*
7. もう一度ふたりで歌いたい
8. 一期一会
9. 花の首飾り
10.生きるものの歌
ボーナス・トラック
11.BOLÉRO III
(フジテレビ系フィギュアスケート番組テーマ曲)

岡本知高(ソプラニスタ)清塚信也(ピアノ、編曲)


>>ユニバーサルミュージックサイト

2016.9.9

岡本知高東京オペラシティ公演、スペシャルゲストにサラ・オレイン出演決定!

ソプラニスタの岡本知高の2016年10月16日に東京オペラシティで行われる“Concerto del Sopranista 2016-2017”に、オーストラリア出身の歌手、ヴァイオリニストのサラ・オレインがゲスト出演することが決定しました!

聴くものすべてを美しく揺さぶる【奇跡の歌声】をもつソプラニスタと、
サラ・オレインの癒しの波長が合わさり、骨抜きにされること間違いなしです!

サラ・オレイン
【f分の1ゆらぎ】という聴くものをリラックスさせ、
爽やかさと清涼感を与える天性の声の持ち主で、
澄んだ声と強い声を自在に使い分ける「声帯のアスリート」とも呼ばれている。
テレビ番組出演、ラジオパーソナリティ、CM ソング、フィギュア・
アイスショ ーでのコラボなど、多岐にわたって活躍しており、ウィーン少年
合唱団との共演、名音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスター が手掛けた
アルバム「We Love Disney」への参加、そして、アンド レア・ボチェッリの
最新アルバムにてデュエット共演など、様々な音楽家とも活動している。

日時:2016年10月16日(日)
開演:14:00 (開場13:30)
会場:東京オペラシティ コンサートホール
出演:岡本知高(ソプラニスタ),河原忠之(ピアノ),音楽案内人,
ゲスト:サラ・オレイン
料金:6,000円 (全席指定・税込)
※未就学児入場不可


>>公演のご予約はこちら

2016.4.12

岡本知高 Concerto del Sopranista 2016 - 2017 東京公演決定!

岡本知高 Concerto del Sopranista 2016 - 2017

ソプラニスタ「奇跡の歌声」
その声は聴くものすべてを美しく揺さぶる・・・

今年もオペラシティ公演が決定!
奇跡の歌声、豪華衣装、新プログラムを会場でお楽しみください!

【日時】2016年10月16日(日)
【開演】14:00(開場13:30)
【会場】東京オペラシティ コンサートホール
【料金】6,000円 (全席指定・税込)
    ※未就学児入場不可

サモン会員先行受付:2016年4月15日(金)~
一般発売日:2016年5月21日 (土)~


公演の詳細・お申込みはこちら

2015.8.28

2015年12月12日(土)岡本知高大阪公演決定!8月30日より発売!

岡本知高 Concert del Sopranista 2015-2016

ソプラニスタ「奇跡の歌声」
その声は聴くものすべてを美しく揺さぶる・・・


日時:2015年12月12日(土) 開場14:15 開演15:00
会場:岸和田市立浪切ホール 大ホール
料金:S席4,500円、A席4,000円、B席2,500円、学生2,000円 (全席指定・税込)
※未就学児入場不可
※学生料金は入場の際に、学生証が必要です
※当日500円up


詳細・ご予約はこちら

ディスコグラフィー
■ 涙のアリア
¥1,200(税込)[UCCS-5002]
■ 「Sopranista」
¥3,200(税込)[UCCS-1041/2]
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ