samonpromotion

サモンスタッフが送るバロック特集:第1弾

  男でもない、女でもない、神  ~バロック期のロックスターたち~

18世紀イタリア。ある田舎の家庭に、7人兄弟の末っ子としてアントニオ君というかわいい男の子が生まれました。
貧乏ながら、家族全員仲良く暮らし、やんちゃなアントニオ君はすくすくと元気に育ちました。
彼の何よりもの楽しみは、教会の合唱団で歌うことでした。村一番のボーイソプラノとして村の大人たちにかわいがられ、
歌っている時間を一番幸せと感じるようになりました。
(※教会で女性が歌うことは禁止されていたので、高音は変声期前の男の子たちが歌っていました。)

ある日、隣町のいとこが遊びに来ました。
「ボクの教会には、すごいお兄ちゃんがいるんだよ!もう大人なんだけどね、アントニオよりもきれいな声で歌うんだ!
でね、この前王様の前で歌って、大金持ちになって帰ってきたよ!」

アントニオ君の母親が、これを隣の部屋でじっと聞いていました。
実はもう貯金が底をつき、危機を迎えていたアントニオ君一家。
母親は将来が不安で、眠れない日々を過ごしていたのです…

そして、ある日…
アントニオ君はお母さんに連れられて、村の端のある店へ行きました。
「アントニオ、あなたはずっと、この天使のような声を持つことができるのよ!
たくさん練習して、上手になれば王様の前で歌ったりもできるようになるのよ!」
母親の頭には名誉とお金しかないことを知る由もなく、
アントニオ君は美しい音楽を夢見て、「去勢手術」のドアに入って行きました…  

バロック時代(1600年〜1750年)

アントニオ君のようにカストラート(「去勢された者」)となった人が毎年何千人と現れました。

しかし!400年前の医療技術では、手術中に失敗したり、後で感染症になったり、親の欲望の犠牲となり命を落としてしまう子供も多数いました。
手術には成功したものの、歌手としての才能がなく、無駄に去勢され、一生後ろ指を指されながら生きていくことを強いられた人もたくさん現れました。

そんな中、過激なトレーニングに耐え抜き、カストラート歌手として成功した一握りの男性は
絶大的な人気を誇り、 今でいうロック・スターのような存在となりました。
歴史上もっとも有名なカストラートともいわれるカルロ・ブロスキ(通称ファリネッリ)は、
3オクターブ半もの音域を持つ美声を自由自在に操り、ヨーロッパ中を熱狂させました。
彼はその歌声で観客の女性を失神させたと当時の新聞記事は伝えています(!)

バロック豆知識1日本の江戸時代とちょうど同じ頃に始まりました! 江戸時代の日本では、歌舞伎や浄瑠璃が流行っていました。

バロック豆知識2あのベートーヴェンも、稀に見る優秀なボーイソプラノだったため、カストラートになることを勧められていたらしい!父親の猛反対により回避できたが、もしベートーベンがカストラートだったら音楽史はどうなっていたのでしょう

ブロスキの波乱万丈な人生をもとに、1994年には「カストラート」という映画が作られました。
1995年のゴールデン・グローブ賞で「外国語映画賞」を受賞しています。
サモンスタッフの一言 ファリネッリの プレイボーイぶりに注目!

19世紀に入ると、それまでは教会や劇場内で歌うことが禁止されていた女性歌手が登場し、
カストラートの居場所は、すべてソプラノ歌手に追いやられるようになくなっていきました。
そして遂に19世紀半ば、ローマ教会は「医学的に必要性のない去勢」を禁止とされ、
一時は眩し過ぎるほどに輝いていた存在が、姿を消しました・・・

バロック豆知識3カストラートは華やかな生活を送っていたが、その裏ではかなり軽蔑・侮辱の対象となっていました。彼らの結婚は教会に禁止され、同性愛者と卑下されたりもしていました。

~おまけ情報~

歴史上最後のカストラートは、アレッサンドロ・モレスキ(1858-1922)とされています。 カストラート全盛期から200年近く経った時期、 唯一、声のレコーディングを残したカストラートとしても有名です。

視聴する

サモンスタッフの一言女性とも、男性とも違う声。不思議な気分です。これが昔のアイドルだったのか…

みなさんはこの声を聴いて、どう感じましたか?

しかしカストラートの長い歴史上、これまでもこれからもたった一人、
「天使の声」を残す事のできた人として、音楽史上、大変興味深い人物ですね。

天使の翼を持つ美声 フィリップ・ジャルスキー

“Whoever has not heard Carestini is unacquainted with the most perfect style of singing.” -Hasse

「カレスティーニを聴いたことのない人は、
           完璧な唱法を知らない」

-ハッセ(作曲家)

バロック時代を代表する作曲家、ヘンデルのオペラハウスに呼ばれたのはファリネッリではなくカレスティーニでした。
技術的にはファリネッリが勝っていたかもしれませんが、カレスティーニは人々を感動させる美しい声質の持ち主であったと言われています。

そして現在、「カレスティーニの再来」といわれるアーティストがいます。
フランス出身の若きカウンター・テノール、フィリップ・ジャルスキーです!
昔のカストラートが歌っていた曲を生まれ持った声のまま軽々と歌いあげてしまうんです。
ヨーロッパで旋風を巻き起こしている、ノリにノっているまさにスーパースターです。

サモンスタッフの一言WOW!!ここまで透き通った声を自由自在に操れて、その上こんなにもイケメン!!いやぁ~、初めて聞いたときは、鳥肌立ちましたね。絶対、これは生で聴くべし!

※ちなみに、彼のしゃべる時の声は普通の男性の声です。
またこのギャップがたまりません~!

アンサンブル・ベルリンで共演したベルリン・フィルのメンバーも「彼は才能に溢れた好青年だ。」と絶賛していました。
彼の人柄も人気の理由の一つかもしれません。

「天使の翼を持つ美声」と表現されるほど軽やかなその歌声で聴衆を魅了していますが、なんと、まだ

33歳!

2009年には「30歳以上の芸術家」にしか贈られない芸術文化勲章をフランス国家より授与され、
フランス版グラミーともいわれるヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジークも4回受賞しています!
2008年には当時カレスティーニが歌った曲ばかりを、ジャルスキーが歌い上げたCD 『A STORY OF A CASTRATO』で
「最優秀レコーディング賞」を受賞しています。
彼の実力はそれだけではありません!

2010年にはパリのシャンゼリゼ劇場で7公演に出演し、すべて完売!!
年に同じ会場で7回も大成功を収める事が出来るのは今、ジャルスキーしかいません。
2011年も3月にシャンゼリゼ劇場でヴィヴァルディの歌劇『オルランド・フリオーソ』6公演に出演予定です。

7月に来日のフィリップ・ジャルスキー。

類稀な歌声を聴き逃さないでください!

フィリップ・ジャルスキー7月の来日公演情報はこちら