ウォニー・ソンが語る 『STORIES』

幼い頃の私は、人とコミュニケーションを取る事が苦手、ピアノを弾いている時間だけは自分の空想の世界で安らげる‥そんなとてもシャイな少年でした。その頃から、日本の文化、習慣、生活に興味を持っていましたが、黒澤明監督作品には衝撃を受けました。特に芥川龍之介の『藪の中』をモチーフにした『羅生門』では、同じ出来事でも人によって捉え方がいかに異なるかという事に気づかされ、考え方が広がりました。
私達演奏家のゴールは、作曲家の意図を可能な限り表現する事だと思っています。素晴らしいアーティスト達は、同じ作品の中にそれぞれ異なった美しい解釈を見出します。そして、演奏家自身の偽りのない感情と作曲者の意図が共鳴し合う事によって紡ぎされる音楽は、まさに「物語」のようなものだと思うのです。
ストーリー性溢れる作品を通して、私自身の音楽世界を皆様と分かち合えたら‥そんな想いでバッハ、ショパン、シューマン、ドビュッシー、そしてガーシュウィンによる作品を選びました。どの作品も鮮明で壮観な物語が広がっています。皆様も物語の参加者となって共有して頂けたらと思っています。

レコーディングの裏側

2010年1月西本智実指揮ラトビア国立交響楽団との全国ツアーの熱も冷めやらぬ2010年3月、ウォニー・ソン新譜CDプロジェクトは動き出しました。
「演奏家の偽りのない感情と作曲者の意図が共鳴し合うことによって紡ぎだされる音楽は、まさに『物語』のようなもの」と語るウォニーらしく、
都内コンサートホールでの長時間に及んだ収録では、細部にまで全神経を集中させ、それぞれの楽曲に込められた物語を描き出していました。

収録前のリハーサルでも渾身の演奏!
本作への熱い想いが伝わります。

撮影で訪れた公園には、満開の桜が!

 
寒さが残る3月の野外撮影にも関わらず、常に笑顔で挑んでくれたウォニー。
カメラマンも「ナイス!ハンサム!!」を連発。
ジャケット写真はアンティークな雰囲気が素敵なお店で撮影!レトロな洋書やインテリアが並ぶ店内に、ウォニ-も今回のCDイメージにぴったり!と喜んでいました。
ジャケット用写真撮影前のミーティング。
カメラマン、ヘアメイクさんと一緒に、イメージを膨らませます!

お店に置いてあったのは1929年製のスタインウェイ。
撮影中、ウォニ-が奏でるヴィンテージな音色のバッハにサモンスタッフも思わずウットリ。  

新譜「STORIES」

収録曲目 聴きどころ!

J.S.バッハ/ペトリ編曲:カンタータ208番「羊は安らかに草を食み」
NHK-FM『バロックの森』のテーマ曲。バッハ作品ならではの複数の旋律が重なる音の厚みがポイント!
視聴
シューマン/リスト編曲:歌曲集『ミルテの花』より「献呈」作品25-1 
シューマンが妻への愛を込めた、優しく美しい旋律。もとは声楽曲だが、ピアノで聞くのもおすすめ。
試聴
ドビュッシー:喜びの島 
名画「シテ―ル島の巡礼」に感化された作品。様々に展開する情景に合わせて変わるウォニ-の表情に注目!
視聴
ショパン:舟歌 嬰へ長調 作品60 
ときどき現われる水しぶきや波のようなトリルや装飾音が、ヴェネチアのゴンドラの旅へと誘う。
試聴
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22
収録曲の中でも特に華やかな1曲。繊細なスピアナートとダイナミックなポロネーズの対比が面白い!
視聴
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
フジテレビ系列『のだめカンタービレ』でもお馴染み。ジャズ好きなウォニ-が奏でる迫力ある演奏に注目!
試聴
<お求め先>
・ヤマハ東京銀座店
・JEUGIA 三条本店
・ヤマハミュージック大阪 心斎橋店
・ヤマハミュージック東海名古屋店
サモンHPショップ

公演情報

2011年
4月14日(木)19:00  開演 王子ホール(銀座)
4月16日(土)13:30  開演 ザ・フェニックスホール(大阪)
4月19日(火)19:00  開演 電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋)
*詳細はこちらから!>>ウォニー・ソン 公演情報