スタッフジャーナル:STAFF JOURNAL

TOP > スタッフジャーナル > 西本智実 with リトアニア国立交響楽団 ジャパン・ツアー2010

西本智実 with リトアニア国立交響楽団 ジャパン・ツアー2010 スミ・ジョー(ソプラノ)、タマラ・ステファノヴィチ(ピアノ)

西本智実ワールド・コラボレーション第2弾!カラヤンから絶賛されたソプラノ、スミ・ジョーとエマールに見出されたピアニスト、タマラ・ステファノヴィチをソリストとして迎え、北海道から鹿児島まで20都市21公演、雨多いジメジメの日本全国を竜巻のような勢いで駆け巡りました!皆で一緒に乗り切った1 カ月。ほんの一部ですが、その感動と興奮を一挙公開!!

6月2日
ついに出演者達がツアー最初の地、札幌に集結! 今年2月とツアー直前の5月に顔を合わせているとは言え、まだ緊張の空気が流れます。

zoom up

今ツアーのソリストの一人!
チェリストの…って、あれ!?ステージ上でも普段でも常にお茶目なソプラノのスミ・ジョー。チェロも良く似合っていますね。

zoom up

シュトラウス2 世:オペレッタ『こうもり』より「田舎娘を演じる時には」
女中アデーレが色々な役になりきって歌い上げるこのアリア。スミさんの表現力の豊かさに圧倒! 白雪姫のようなドレスも、その可愛らしさを引き立たせていましたね。

zoom up

アンコール曲、オッフェンバック:オペラ『ホフマン物語』より「生垣には小鳥たち」
機械仕掛けの人形オリンピアの動力がきれ、慌ててネジを巻く西本さんとスミさんの駆け引きは、息ピッタリで各会場でも大好評でした!

zoom up

このシーンをさらに盛り上げたネジ巻き音の出所はコレ! その名もラチェット!
れっきとしたパーカッション楽器の一つです。今ツアーでは「展覧会の絵」でも使用されていました。

zoom up

スミさんへの注目は日本でも大きく、ツアー中どこに行ってもインタビューで大忙し。
世界的ディーバは、いつ時もすべての取材に熱心に丁寧に対応しておりました。その姿は、本当にスタッフも感心。

zoom up

華やかなステージ衣装だけではなく私服もおしゃれなスミさん!スタッフの間では毎回変わる私服チェックが日課に(笑)

zoom up

北海道でしかお披露目されなかった幻の衣裳です!
これを含め今ツアーでは4つの衣裳を用意し、毎回会場に合わせチョイスするスミさん。 衣裳選びでもそうですが、音楽以外にも日常生活の一つ一つの事に全て完璧を求めるストイックなお方なのです。これぞプロですね。

zoom up

もう一人のソリスト
ピアニストのタマラ・ステファノヴィチ!
一つ一つ音を大切に弾く彼女のスタイルは、知的で繊細な彼女の性格そのもの!

zoom up

公演中、タマラさんが常に持っていたこれ分かりますか?
濃ピンクの生地に中心にはハートの刺繍、ビーズで周りを縁取られた可愛らしいお守り。中にはラベンダーが入っていて良い匂い! 気付いた方はかなりのサモン通!?(笑)

zoom up

今ツアーのために制作された「イン・コンサート」
主にプログラム曲が収録されたこのCDは、どの会場でもたくさんのお客様に支持されていました!
会場で見逃してしまった方はコチラへ!

zoom up

一部の会場では終演後、西本さんのサイン会が行われました! どの会場でも演奏に感動して下さったたくさんのお客様が参加して下さいました!
本当に遅くまでありがとうございます!

zoom up

6月24日サントリーホールのスミさん最終日なんとスミさんもサイン会を行って下さいました!

zoom up

大宮、松戸、浜松、多摩公演では公演前に西本さんによるプレトーク企画が!
間近で見る西本さんの生トークにお客様も興味津々。 今後の活動以外にも演奏曲についての説明もあり、コンサート自体をより楽しんで頂けたのでは?

zoom up

ソリストや曲目が度々変わる今ツアーでは、常に確認事項を書くホワイトボードが必須! 毎回、終演後には団員達の落書きで埋め尽くされていました…まぁ読んでるって証拠ですね。
そこに西本さんも指揮者の落書きで参戦!(笑)

zoom up

書けるところがあればすぐに落書きをする団員達。これはコンサートマスターの楽屋前に書かれたネズミ?ウサギ?
絵の才能は…でも似てます(苦笑)

zoom up

今ツアー一番の注目団員と言えばこの人でしょう。
最終曲「ボレロ」。あのスネアドラムのリズムを聞くだけで、感動がよみがえりゾクゾクする方も多いのでは?

zoom up

真剣なリハーサルが終われば、本番までひと時のリラックスタイム!
団員達にも大人気の西本さんの周りには、すぐに人々が集まり、毎回記念撮影会が始まってました。

zoom up

今ツアーで注目どころの一つ、スミさんの早着替え!
このために舞台袖に作る簡易楽屋には毎回悩ませられました…その中でも大阪公演の楽屋はエレベーターを改造したもの!力作です!!

zoom up

20 都市を移動する手段として、各種乗物を体験した団員達。
リトアニア人85名の満員電車や、フェリー内では急遽ヨガ教室が開催されたり。そして、バスの中では毎回ワールドカップ!
とにかく終始にぎやかで疲れを感じさせない団員達でした!

zoom up

6月24日 サントリーホール
スミさんの公演が全て終了!
やりきったというスガスガしい表情で舞台袖に戻ってくるスミさんと西本さん。
この日の詳細はブログにて!

zoom up

6 月27 日 山形県県民会館
この日をもって1 カ月に渡る超長期ツアー、全て終了!
タマラさんも満面の笑みで舞台袖に。
この日の詳細はブログにて!

zoom up

1カ月の健闘を称え合うべく、今ツアープログラムに出演者一人一人の寄書が集められました。

zoom up

長いようで短かった1 カ月。
やはり一緒に過ごした中身の濃い充実した日々への想いは深く、公演後、舞台袖の拍手とハグがやまないシーンには誰もが涙を流しました。

zoom up

一人でも多くのお客様に感動を届けたいという気持ちでおりましたが、各会場ほぼ満員のお客様が拍手、歓声、そしてスタンディングオべーションでその気持ちに応えて下さいました(涙)

zoom up

スミさんの最終日公演には、タマラさんも応援にかけつけました!
貴重な2人のツーショットをどうぞ!!

zoom up

皆様のお陰で1 カ月乗り切ることができました。本当にありがとうございました!
今ツアー大好評なため、11月にアメリカでも公演が決まりました! 是非アメリカにもお越し下さい!!
アメリカツアー詳細はコチラへ!

zoom up
バックナンバーはこちら

Page Top