アーティスト一覧:ARTIST INDEX

  • 会員登録ガイド

TOP > アーティスト一覧 > シュトゥットガルト放送交響楽団

シュトゥットガルト放送交響楽団


1945年設立以来、同楽団は二つの目的に重きをおいてきた。
一つは、偉大な古典やロマン派の楽曲の模範的な解釈を行うこと。そしてもう一つは敬遠されがちな現代音楽を先頭に立って行っていくことである。
1971年、セルジュ・チェリビダッケが首席指揮者に就任した年は交響楽団にとって歴史的な年となった。徹底的なリハーサルを重ね、理想とする音楽を追求し続けた。1983年に首席指揮者となったサー・ネヴィル・マリナーは極東からアメリカまでオーケストラの活動範囲を大きく広げた。また、ベートーヴェンからバーンスタインに至るまで、80以上の録音を行った。後に1889年に指揮者となったジャンルイジ・ジェルメッティはイタリアやフランスのレパートリーを増やした。そして、1996年に芸術監督となり、現在も名誉指揮者であるジョルジュ・プレートルによりカリスマティックな個性が増した。 シュトゥットガルト放送交響楽団は1998年サー・ロジャー・ノリントンを首席指揮者として迎えてから、さらに音の深みを増した。彼は主な目的の一つ、「偉大な古典やロマン派の楽曲の模範的な解釈を行うこと」に専念した。ウィーン古典派(特にベートーヴェン)からロマン派を重要視し、歴史的な奏法を現代のオーケストラに適した方法に合わせ演奏させた。これは作曲家の意図した音に近づけようという試みである。これらは、批評家から「シュトゥットガルト・サウンド」と称され高い評価を受けた。
録音においては様々な賞を受賞している。2002年夏、ノリントンはヨーロッパ音楽祭にて一連のベートーヴェンの交響曲を演奏した。これは指揮者のマスタークラスとして、レクチャーをはさんでのものだった。この公演は録音され、同年のカンヌ・クラシック賞や日本のレコード芸術賞を受賞、グラミー賞にもノミネートされた。また、今日の客員指揮者であるペーテル・エトヴェシュの録音した、バルトークのオペラ『青髭公の城』は2004年のグラミー賞にノミネートされた。
 また、現在では、各地のフェスティバルに多数招かれている。(北京、ベルリン、ブリュッセル、ケルン、ロンドン、ルツェルン、ミュンヘン、パリ、ザルツブルグ、上海、東京、ウィーン、チューリッヒなど)。また、放送交響楽団としては珍しく、1950年からは定期的にシュヴェッツィンゲン・フェスティバルにて毎年オペラを上演している。中には世界初演となるオペラや珍しいオペラもある。2007年4月16日には、ローマ法王ベネディクト16世の80歳の誕生日を祝うため、グスターボ・ドゥダメル指揮のもと、ヒラリー・ハーンをソリストに迎え、演奏を披露した。
今後もシュトゥットガルト放送交響楽団は国内外で公演活動を続けていくことだろう。こうした国際的な活動が高い音楽水準を保つ要となっている。    


会員登録(無料)

新着情報
2010.9.16
サモンプロモーションHP リニューアル!

★新生サモンホームページ ここがすごい!★
・アーティストのPVやコメントを配信!動画サービス!
・初めてのコンサートでも安心!会場アクセスMap!
・切替ボタンであなた好みに画面をカスタマイズ!コンサート一覧!
・トップページから欲しい情報をスグにGET!ページ内検索窓!
・アーティスト、楽器、公演地域で一発検索!チケット情報!
・お好きなジャンルのアーティストを検索!アーティスト紹介!

今までご好評頂いております「おすすめ公演情報」や「ツアーレポート」
そして「サモンブログ」もそのままお楽しみ頂けます!


★サモンプロモーション オフィシャルFacebook開設!

今では世界的に認知されているネット版「井戸端会議」Facebook
遂にサモンプロモーションもデビュー!

⇒ http://ja-jp.facebook.com/pages/Osaka-Japan/Samon-Promotion-Inc/
159096330771536?ref=sgm

新HPと同じく、最新の情報、プライベート写真を更新していきます!
そして、サモンのお客様同士でのコミュニケーションも可能です!
あなたもFacebookに入って、サモンのお客様、そしてサモンスタッフと
最新のサモン情報を共有しませんか?

【サモンからのお願い!】
こちらのサイトからSamon Promotion, Inc.名前右横「いいね!」をクリック!
サモンの輪の一員になって、サモンFacebookを一緒に盛り上げていきましょう!


★サモンプロモーション オフィシャルTwitterも開設!!

鳩山前首相の利用で日本でも話題になった「つぶやきの場」Twitter
サモンプロモーションも遂につぶやき開始!
⇒ http://twitter.com/samonpromotion

新着情報や公演レポートなど、新HP、Facebookよりも早く
サモンスタッフが張り切ってつぶやきます!!
是非「フォロー」してみて下さいね。
>>詳細はこちら
2010.4.13
ノリントン&シュトゥットガルト放送交響楽団の映像『ハイドン:交響曲 101番 ニ長調 「時計」 Hob.I-101 より第3楽章』をアップしました!
>>詳細はこちら
2010.3.30
弦楽専門誌「String」2010年4月号にサー・ロジャー・ノリントンとパク・ヘユンのインタビューが掲載されました!
ノリントンによるピュア・トーンについての説明や、パク・ヘユンのヴァイオリンを始めた経緯など内容の詰まったものになっています。
>>詳細はこちら
2010.1.19
サー・ロジャー・ノリントン指揮 
シュトゥットガルト放送交響楽団

巨匠ノリントンがお届けする珠玉のプログラム!
伝統と革新を備えた名門楽団が奏でる唯一無二の“シュトゥットガルト・サウンド”

◆一般発売日:2010年1月23日(土)

【公演日】
2010年
5月12日(水) 19:00開演(18:30開場) 横浜みなとみらいホール 大ホール
5月13日(木) 19:00開演(18:30開場) サントリーホール 大ホール(東京)

【入場料】
〈横浜みなとみらいホール〉
S席:11,000円 A席:9,000円 B席:7,000円 C席:5,000円 D席:4,000円
〈サントリーホール〉
S席:12,000円 A席:10,000円 B席:8,000円 C席:6,000円 D席:4,000円
(全席指定・税込) ※未就学児童のご入場はご遠慮願います。

【出演】 
指揮:サー・ロジャー・ノリントン
ヴァイオリン:パク・ヘユン
オーケストラ:シュトゥットガルト放送交響楽団

【予定曲目】
〈横浜みなとみらいホール〉
ハイドン: 交響曲 第101番 ニ長調 「時計」 Hob.I-101
ハイドン: 交響曲 第1番 ニ長調 Hob.I-1
ドヴォルザーク: 交響曲 第7番 ニ短調 作品70 B.141 

〈サントリーホール〉
ハイドン: 交響曲 第1番 ニ長調 Hob.I-1、 
ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77 
エルガー: エニグマ変奏曲
※やむを得ず曲目が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
>>詳細はこちら
2009.12.3
シュトゥットガルト放送交響楽団 全曲目決定!

〈横浜みなとみらいホール〉
ハイドン: 交響曲 第1番 ニ長調 Hob.I-1、 
ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ドヴォルザーク: 交響曲 第7番 ニ短調 作品70 B.141 

〈サントリーホール〉
ハイドン: 交響曲 第1番 ニ長調 Hob.I-1、 
ブラームス: ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77 
エルガー: エニグマ変奏曲
>>詳細はこちら
2009.10.1
10月1日よりファミリーマートでの、オンラインチケットの発券・代金支払いサービスが開始!

1.サモンプロモーションホームページで申込みをしたチケットの代金支払い受付。
2.サモンプロモーションホームページで申込みをしたチケットの代金支払い+発券。
3.申込み/代金支払いが終わったチケットの発券。

発券手続きはこちらをご覧ください
→PC
→携帯
>>詳細はこちら

ディスコグラフィー



Page Top