コンサート情報:LIVE INFORMATION

  • チケット購入方法
  • 会員登録ガイド

TOP > コンサート情報 >アジアのプラチナヴォイス

アジアのプラチナヴォイス


リ・アギョン

深い知性と情熱を併せ持ち、彼女の声はいつまでも心い響いている。西本智実

慶熙大学音楽学部を首席で卒業。同校にて修士号取得。2001年よりイタリア・ミラノに留学。2003年には韓国人メゾソプラノ歌手として初めてベッリーニ国際コンクール(イタリア)にて第一位を受賞した。

出演:
リ・アギョン(メゾソプラノ)

リ・ヨンミン(ピアノ)

秋溪藝術大學校のピアノ科を首席で卒業後、イタリアへ留学。ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院とペスカーラ音楽院にてオペラ指導を学ぶ。イタリア留学中においては、世界でも名高いソプラノ、カーティア・リッチャレッリのリサイタルの伴奏者を務め、「優秀なピアニスト」との評価を得た。現在、音楽祭における指導やオペラ指導、国際ピアノコンクールの審査員として活躍している。


曲目:
トスティ:「夢」、「私は死んでしまいたい」
プッチーニ:「陸と海」、「太陽と愛」
キム・スネ:'Because you are here
キム・ソンテ:'In the clouds of flower
ローランド:「プレリュード」、「Love, I have won you」
マスカーニ:オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲
ヘンデル:オペラ『リナルド』HWV7より「私を泣かせてください」
サン=サーンス:オペラ『サムソンとデリラ』Op.47より「あなたの声に心は開く」
マスネ:オペラ『ウェルテル』より「いいの、泣くままにしておいて」
チレア:オペラ『アドリアーナ・ルクヴルール』より「苦い喜び、甘い責め苦」
ビゼー:オペラ『カルメン』より「ハバネラ」、他

入場料:¥ 3,000(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮願います。

>>リ・アギョンのアーティストページはこちら

2010年4月10日(土)14:00 横浜みなとみらいホール 大ホール


レジーナハン


ミラノ音楽院を首席で卒業。その後数々の国際コンクールで優勝、2000年にイタリアでヴェルディ『椿姫』でオペラデビューを飾る。同年、ミラノ音楽院の「ベスト・ヴォーカリスト」に選ばれ、ミラノの聴衆から絶大な支持を得る。現在は韓国でも活動の場を広げている。・

出演:
レジーナ・ハン(ソプラノ)
スペシャルゲスト:上松美香

リ・ヨンミン(ピアノ)

秋溪藝術大學校のピアノ科を首席で卒業後、イタリアへ留学。ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院とペスカーラ音楽院にてオペラ指導を学ぶ。イタリア留学中においては、世界でも名高いソプラノ、カーティア・リッチャレッリのリサイタルの伴奏者を務め、「優秀なピアニスト」との評価を得た。現在、音楽祭における指導やオペラ指導、国際ピアノコンクールの審査員として活躍している。




〜4月11日にスペシャル・ゲストとして出演する上松美香からのコメント〜4月11日、春のおとずれと共にやってくる初めての出会いに、今から胸がときめいています。レジーナ・ハンさんとの共演もとっても楽しみです。 同じアジアの舞台「みなとみらいホール」に、アルパの彩りを添えられたらと思います。?


曲目:
ヘンデル:オペラ『セルセ』HWV40より「オンブラ・マイ・フ」、オペラ『ジュリアス・シーザー』HWV17より「この胸に息のある限り」
ヴィヴァルディ:オペラ『ジェスティーノ』より「この喜びをもって会おう」
プーランク:歌曲集『歌の調べ』
プッチーニ:オペラ『トスカ』より「歌に生き、恋に生き」
チャン・イルナム:シンゴサン
チャイコフスキー:『6つの歌』より「ただあこがれを知る者だけが」Op.6-6
グリーグ:4つのデンマーク語の歌『心の歌』より「君を愛す」Op.5-3
ヴェルディ:オペラ『運命の力』より「神よ、平和を与えたまえ」
ベッリーニ:オペラ『ノルマ』より「清らかな女神よ」、他

入場料:¥ 3,000(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮願います。

>>レジーナ・ハンのアーティストページはこちら

2010年4月11日(日)14:00 横浜みなとみらいホール 大ホール


Page Top