今月のおすすめ:MONTHLY SPECIAL

  • チケット購入方法
  • 会員登録ガイド

TOP > 今月のおすすめ > スミ・ジョー&ディミトリー・ホロストフスキー

スミ・ジョー&ディミトリー・ホロストフスキー

>>チケット情報はこちら


世界トップクラスの華麗なる競演、遂に実現!
今世界中のオペラハウスが渇望するロシア出身バリトンと、
カラヤンが「神様の贈り物」と絶賛した韓国が生んだ最高峰ソプラノ、
一夜限りの日本公演決定!


〜Interview questions〜

公演を間近に控えた、スミ・ジョーとディミトリー・ホロフトフスキー がインタビューに答えてくれました。

1.スミ・ジョーへの質問

質問:今年2月、パリのオペラ・コミック座でオベール作の歌劇「フラ・ディアヴォロ」に出演されました。厳しい批評家からも文句なしの絶賛を浴びていました。この出演にあたり、特別な挑戦、あるいは良かったことはありましたか?

――以前、何年も前にミラノ・スカラ座でこの作品のイタリア語バージョンに出演したことがあったので、ゼルリーヌという役の経験と役に対する理解はあったと思います。ただ、今回はフランス語での演出でした。パリ・オペラ・コミック座では18−19世紀のオペラを中心に上演しており、歌だけではなくたくさんの台詞も含まれ、観客は完璧なフランス語を聞けることを期待していたと思います。したがって今回は、完璧なフランス語をマスターするのが私のチャレンジでした。その上、幅広い音域が要される難曲アリアがありました。でもゼルリーヌを演じて歌うのは私にとってたくさんの喜び与えてくれるので、また是非近いうちに出演したいと思っています。



2.ディミトリー・ホロストフスキーへの質問

質問1. 声を保つための秘訣は?
――自分自身の芸術(ぼくにとっては歌うこと)とバランスをもってうまく共存できるかどうかです。

質問2. この次のコンサートやプロジェクトは?
――とても大切な2つのパフォーマンスが控えています。ワレリー・ゲルギエフ指揮によるルービンシュタインの「悪魔」、そしてヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」への出演です。

質問3. バリトン歌手としての国際的な名声を獲得した今、あなたにとっての今後の目標、また将来バリトン歌手としてやってみたいことはありますか?
――自分自身の芸術性を更に確立すべく、ただひたすら自分自身に挑戦していくことです。それが、オペラであっても、ポップスでもあっても、またほかのジャンルでもです。

3.スミ・ジョー、ディミトリー・ホロストフスキー、両者への質問

質問1. 来日前の、最近の活動は何ですか?

――スミ: パリでの「フラ・ディアヴォロ」、そして同じ作品をベルギーのワロン王立歌劇場で行いました。

――ディミトリー: 二つのオペラに出演しました。メトロポリタン歌劇場で行われた『イル・トロヴァトーレ』(マルセロ・アルバレス、ソンドラ・ラドヴァノフスキー、ドローラ・ザジックと共演)、またロンドンのコヴェント・ガーデンでは同作品を、ロベルト・アラーニャと共演しました

質問2.今までに個々のリサイタルやコンサートを日本で行っておりますが、今回の来日はデュオコンサート。「スミ・ジョー&ディミトリー・ホロストフスキー」プロジェクトは世界中で行われていますが、きっかけは何だったのでしょうか?

――スミ: 私は常々、ディマ(ニックネーム)のことを賞賛していました。プロとしてのキャリアをスタートさせたばかりの頃、私たちはコヴェント・ガーデンで共演する機会がありました。そしてその後、彼は私をロシアに招待してくれたのです、もちろん答えはYES!それ以来ディマとはいくつものコンサートで共演し、これからも沢山の公演が予定されています。

――ディミトリー: 何年か前に韓国で二人のリサイタルが行われました、その後スミが言うように、モスクワ、サンクトペテルブルグなど、ぼくのプロジェクトである「ホロストフスキー&フレンズ」というプロジェクトに参加してくれました。

質問3. 二人で共演することに対してどう思いますか?あなたにとってお互いはどのような存在ですか?

――スミ: ディマと一緒に歌うことは本当に大好き!彼は、全てを兼ね備えている、といえます!彼は素晴らしいアーティストであり、見事な歌い手であり、容姿にも優れ、そして一緒にいると本当に楽しいんです。

――ディミトリー: 本当に彼女と仕事するのは楽しいです、ぼくたちは仕事仲間であり、そしてとても良い友達でもあります。

質問4. 来日公演にあたって、楽しみしていることは何ですか?

――スミ: みなさんご存知の通り、私は度々来日し公演を行っています。日本の聴衆のために歌うことは私にとって本当に喜びです。日本のお客さんは音楽とアーティストを対しての高い知識と敬意を持ってくれています。再来日できることを本当に楽しみにしていますし、今後も日本での演奏をずっと続けていきたいと思っています。

――ディミトリー: 最後に日本にいったのは、3年前でした。ぼくはもっと日本に来日しないといけませんね(笑)、ぼくも日本のお客さんが大好きで、日本には世界中に追いかけてきてくれるファンが沢山います。本当にうれしいことですし、日本でコンサートができることに感謝しています。

質問5. 日本に滞在中、もし時間があったら何をしたいですか?日本のどういったことが好きですか?

――スミ: 残念ながら日本でのスケジュールがとてもタイトなのですが、少しでも時間をみつけて、東京の街や人を見てみたいですね。東京は本当に美しいところで、その美意識に感心するばかりです。

――ディミトリー: ぼくも日本の文化、特に日本食が大好きです。日本の伝統や芸術にも興味があります。

質問6. コンサートの聴き所を教えてください。

――スミ: そうですね、プログラムの中にははじめて歌うもの、以前歌ったことがあるものがありますが、とにかくサプライズとして、楽しみにしておいてください!

――ディミトリー: マスネ作曲のタイス、ヴェルディのリゴレットのデュエットかな。



「西を制覇した東」 ジョー&ホロストフスキー ジョイントリサイタル 岸 純信(オペラ研究家) ローマで学び、巨匠カラヤンに認められ、ミラノ・スカラ座を始め世界中の劇場に出演し続けるソプラノ、スミ・ジョー。1月にはパリのオペラ・コミック座でフランス・オペラの主役を演じて大喝采を浴びた。「アジア人がフランスものの主役だなんて! 自分でも驚いたの!」彼女は昂奮気味に語った。そのジョーがこのほど、シベリア生れの銀髪の名歌手、バリトンのディミトリー・ホロストフスキーと共演するという。実は同年生れの二人、良きライヴァル心を燃やしながらアリアを歌い、《タイス》《メリー・ウイドー》《リゴレット》の二重唱で声を合わせる。88年に英国のカーディフ声楽コンクールで優勝したホロストフスキーもまた、東の果てからやってきて欧米の大劇場を総嘗めにした存在。
2009年は「西を制覇した東」の代表格たる二人が日本で繰り広げる華麗な競演に注目!

掲載情報

■「Opera View オペラ・ヴュー」ホームページ

[スミ・ジョー]昨年11月、来日中のインタビュー掲載 >>こちら
[スミ・ジョー]2008年11月12日(水)サントリーホール公演の様子 >>こちら


公演情報

2009年6月2日(火) 19:00 サントリーホール 大ホール(東京)

当日券あり 17:15販売開始

入場料

SS席:¥20,000 S席:¥18,000 A席:¥15,000 B席:¥12,000 C席:¥9,000 プラチナ席:¥25,000(全席指定・税込)
※未就学児のご入場はご遠慮願います

出演

ソプラノ:スミ・ジョー
バリトン:ディミトリー・ホロストフスキー
指揮:イオン・マリン
オーケストラ:ルーマニア国立ジョルジュ・エネスコ・フィルハーモニー

演奏曲目

※アーティストの意向により、プログラムに変更がございました。

SJ=スミ・ジョー
DH=ディミトリー・ホロストフスキー
 
■R.ワーグナー:歌劇『タンホイザー』より「ああ,わがやさしの夕星よ」(DH)
R. Wagner: “O du, mein holder abendstern” from “Tannhä user” (DH)
■D. オーベール:歌劇『黒いドミノ』より「綺麗なイネスは誰にも人気」(SJ)
D. Auber: “La belle Inès fait flores” from “Le Domino noir” (SJ)
■ダヴィード:歌劇『ブラジルの真珠』より「ミゾリのクプレ」(SJ)
David: “Couplets du Mysoli” from “La Perle du Brèsil” (SJ)
■グノー:歌劇『ファウスト』より「門出を前に」(DH)
Gounod: “Avant de quitter ces lieux” from “Faust” (DH)
■マスネ:歌劇『タイス』より「神父さま、あなたですのね!」(SJ & DH)
Massenet: “C'est toi, mon pere” from “Thais” (SJ & DH)

INTERMISSION

■J.シュトラウス2世:春の声 (SJ)
J. Strauss II: Fruehlingstimmen (SJ)
■ルビンシュテイン:歌劇『悪魔』より「大気の海の上を」(DH)
Rubinstein:” Na vozdushnom okeanye” from “Demon” (DH)
■タリアフェリ:情熱 (DH)
Tagliafferi: Passione (DH)
■レハール:喜歌劇『メリー・ウイドー』より「唇は語らずとも」(SJ & DH)
Lehar: “Lippen Schweigen” from “Die Lustige Witwe” SJ & DH
■ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』より「高炉はくゆり」(SJ)
Donizetti “Ardon gl’incensi” from “Lucia di Lammermor”
■ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「悪魔め、鬼め」(DH)
Verdi: “Cortigiani, vil razza dannata” from “Rigoletto” (DH)
■ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「日曜ごとに教会で」(SJ & DH)
Verdi “Tutte le feste al tempio fino alla fine del atto” from “Rigoletto” (SJ & DH)
※やむを得ず曲目が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。


>>スミ・ジョーのアーティストページはこちら
>>ディミトリー・ホロストフスキーのアーティストページはこちら
>>ルーマニア国立ジョルジュ・エネスコ・フィルハーモニーのアーティストページはこちら
バックナンバー

Page Top