• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

スペイン国立放送交響楽団

ロマン派、古典派、スペイン音楽全てに通じた高等な技術を持つオーケストラ

1965年5月27日に創立されたスペイン国立放送交響楽団は、ヨーロッパで最も新しい放送交響楽団の一つであるが、20世紀後半の音楽活動は、スペイン が誇れる一流オーケストラである。スペイン国立放送交響楽団はマドリッドのサルスエラ劇場にて創立者兼指揮者であるイーゴリ・マルケヴィチの下、プロコ フィエフ、ワーグナー、ファリャやベートーヴェンの作品の演奏でデビューを果たした。このデビューの数日前にはOdón AlonsoとISCM (International Society for Contemporary Music 国際現代音楽協会)のフェスティバルでNilsson、ウェーベルン、ストラヴィンスキー、シェーンベルク等の作品を演奏した。これらの初期の演奏がオー ケストラの現在のレパートリーに基づいている。それは古典派-ロマン派音楽、スペイン音楽、そして現代音楽である。1982年に、創立者であるマルケ ヴィッチの死でオーケストラの一つの幕が閉じた。
しかし、マルゲヴィッチの後を引き継ぎ、スペイン放送交響楽団は続いた。指揮者には、アントニ・ロス・マルバ (1965-1967)、Enrique García Asensio (1966-1984)、Odón Alonso (1968-1984)、ミゲル・ゴメス・マルティネス (1984-1987)、Arpad Joó (1988-1990)、セルジュ・コミッショーナ(1990-1998)、再びGarcía Asensio (1998-2001)がいる。2001年からは、エイドリアン・リーパーが務めている。
その他、客演指揮者としてセルジュ・チェリビダッケ(オーケストラとは数年近しい関係を保っていた)、ロリン・マゼール、ゲンナジー・ロジェストヴェンス キー、キリル・コンドラシン、フリューベック・デ・ブルゴス、エリアフ・インバル、サー・ネビル・マリナー、ロペス・コボスなどがいる。そして、作曲家自 身が指揮を務めたこともある。中には、Nadie Boulanger、アーロン・コープランド、カルロス・チャべス、ルチアーノ・ベリオ、クリストバル・ハルフテル、マウリツィオ・カーゲルとクリシュト フ・ペンデレッキがいる。
放送交響楽団というのは、ラジオとテレビでの演奏が多いが(そのためスペインのオーケストラの中で最も聴かれている)、彼らの場合、拠点をマドリッドに置 いていることがとてもプラスになっている。スペインの有名建物、国立サルスエラ劇場、Palacio de la Música、国会議事堂、王立劇場やTeatro Monumentalでの演奏も行っている。その他、スペインのフェスティバルに出演し、海外での活躍もあり、ニューヨークのカーネギー・ホール (1971)、ロンドンのロイヤル・フェイスティバル・ホール(1975)、チューリッヒのトーンハーレ(1986)、パリのシャトレ座(1986)、東 京のサントリーホール(1988)、L’Arsenal de Metz (1989)、とブカレストのエネスク・フェスティバル(1995)などで公演を行った。
最近では、レコーディング活動を増やし、マヌエル・デ・ファリャの作品、ラテンアメリカ音楽、声楽、パソドブレ(ダンスビートの種類)や、マーラーまで手掛けている。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ