• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

正木叔子

スイスのプロテスタント教会で主席を務める実力派パイプオルガニスト!

チューリッヒ在住。

神戸女学院大学音楽学部オルガン専攻卒業。バーゼル音楽大学大学院修了。

オルガン演奏を井上圭子、ジグモンド・サットマリー、ギ・ボヴェの各氏に師事。

ルツェルン音楽大学及びチューリッヒ芸術大学で教会音楽過程を修了、教会オルガニストの資格を取得。

これまで様々な教会でオルガニストを務めてきた。また、コンサートオルガニストとして毎年スイス国内外に招かれ演奏を披露(サンモリッツ音楽祭、ラパッロ音楽祭、ルツェルン宮廷教会、アインジーデルン大寺院、アスティ大聖堂、ロヴィーゴ大聖堂、アローザオルガン音楽祭、ヴェネツィア カリッドオルガン国際音楽祭、ポレージネ古楽オルガン音楽祭 など)。

過去に日本ではザ・シンフォニーホールで関西フィルとプーランクのオルガン協奏曲を演奏。
その他、日本キリスト教団阿倍野教会、いずみホール、宝塚ベガホール、川口リリアホールで演奏する。バーゼル音楽大学大学院修了試験演奏会はスイス国営ラジオ放送局(SRF2)でライブ録音され後に放送された。その他のライブ録音も多数回ラジオで放送されている。

2014年VDE Gallo社よりスイス人マリンバ奏者 マヌエル・ロイエンベルガーとのアンサンブル、CD「Bach in Brazil」をリリース。聴いてくださる人の立場に立って常に新しいオルガンの可能性を探している。

現在、チューリッヒ州ウエティコン プロテスタント教会主席オルガニスト及び、同州ヒンヴィル プロテスタント教会副オルガニストを務める。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ