• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

朝比奈隆子

クラシック音楽の未来形「Neo Classic」
華やかさとアグレッシブさを兼ね備えた次世代をリードするピアニスト登場!

クラシック音楽をベースにした独自のスタイルで国際的に活躍するピアニスト&作曲家。
日本演奏連盟オーディションに合格し、ソロリサイタルや大阪フィルハーモニーを始めとするオーケストラとの共演を経て、
ドラム(パーカッション)、ベースとピアノのバンドを結成。オリジナル曲に加えて、ラテン、ジャズのスタンダードやクラシックを自らアレンジした曲を演奏している。
音楽の特徴は、クラシックの緊張感とエキサイティングな新しいリズム。ジャズやラテンのリズムを借りていても、根源にはクラシック音楽の緻密さと高い技術があって既存のジャンルに収まらないため、自分たちのめざす音楽を「ネオ・クラシック」と名付けている。
日本とアメリカ(New York)の2ヵ所を拠点に活動し、日本滞在中に定期的に行うライブ(大阪・東京)は、熱烈なファンを中心に毎回ソールドアウトになる人気。
New Yorkでは多様な聴衆を前に、様々なミュージシャンと共演することで、ファン層を広げると同時に音楽をさらに進化させている。

活動歴
2006年 アメリカデビュー(New York)。スムースジャズのパイオニア Tom Grantと共演。
2007年 New York のスタインウェイホール、カーネギーホールにて、自らのバンド Curacion Rhythm Section のコンサートを開催。力強く繊細なピアノ演奏で聴衆を魅了し、好評を博す。
2009年 フランス語によるボーカルに初挑戦、新境地を拓く。
2010年 New York の老舗ジャズクラブ Birdland に、自らのバンド Exotiqueで出演(写真上)。
2012年 New York の Kaufman Astoria Studios にて、アルバム Neo Classicを制作。東京を始め4都市でCDリリース記念 Japanツアーを開催した(写真下)。

受賞歴(自作曲)
Musician in New York:第11回(2009年度)“Song of the year” Instrumental/jazz/world 部門、第12回(2010年度)“Great American Song Contest” Instrumental部門でファイナリストに入賞。
Parfum Exotique:第12回(2010年度) “Great American Song Contest” Pop/Adult Contemporary 部門でファイナリストに入賞。
「メロディーがボードレールの詩のトーンを完璧に捕らえている」との評価を得る。

CD/DVD
◇1998年 CD “Piano of Healing”
◇1999年 CD “月夜のデフォンス”
◇2006年 DVD “My New York Sound”
◇2008年 CD “Musician in New York”
◇2012年 CD “Neo Classic”をリリース。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ