• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

フィリップ・ジャルスキー

カウンター・テノールの新星 そのすみきった艶やかな声で今ヨーロッパ中を圧巻!

フランス人カウンター・テノール歌手、フィリップ・ジャルスキーはヴェルサイユ地方国立音楽院でヴァイオリンを専攻し主席で卒業した。1996年に声楽に転向しニコル・ファリアンと共演し、2004年度の優れた新人歌手としてヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージック音楽賞を受賞した。

1999年にロワイヨモン・フェスティバルとアンブロネ・フェスティバルの2つのフェスティバルで、ジェラール・レーヌとイル・セミナーリオ・ムジカーレと共演し、演奏されることが珍しいスカルラッティのオラトリオ「セデーチア」を演奏した。後日、この演奏が録音されヴァージン・クラシックスよりリリースされた。翌年、モンテヴェルディの3大オペラツアーでジャン=クロード・マルゴワールの指揮のもと、ラ・グランド・エキュリ&ラ・シャンブル・デュ・ロワと共演した。パリのオペラ・コミック劇場では、マルゴワール指揮によるヴィヴァルディの「ウティカのカトーネ(Catone in Utica)」でアルバーチェ役を演じた。ヴィヴァルディの「ニシ・ドミヌス―主が家を建てたまわずば(Nisi Dominus)」、ペルゴレージの「スターバト・マーテル(Stabat Mater)」、ヘンデルの「アグリッピナ(Agrippina)」の演奏で高い評価と賞賛を得た。2005年にパリで「リナルド」の主役を務め、2007年3月にはパリで、ル・コンセール・ダストレー(Le Concert d'Astrée)とカストラート歌手カレスティーニに関連付けたプログラムでリサイタルを開催し、大成功を収めた。

定期的にジャン・チュボリ率いるアンサンブル・ラ・フェニーチェと共演しており、バッサーニのオラトリオ「La morta delusa」を録音している。2004年にヴァージン・クラシックスより17世紀フランス音楽とイタリア音楽を取り上げた「Un concert pour Mazarin」の録音が発売されている。ジャン=クリストフ・スピノージ率いるアンサンブル・マテウスとも頻繁に共演しており、公演、ディスク録音(CDなど)ともに高い評価を得ている。2007年1月、ヴァージン・クラシックスから同共演のヴィヴァルディのオペラアリア集のリサイタル録音が発売された。

一方、世界中からリサイタル公演の招待を受けている。昨年はドイツ、スペイン、カナダ、ロシアで演奏した。オペラでも、2005年ルネ・ヤコブスと共演したベルリン国立歌劇劇場で、ユリシーズのテレマコ役を、フランダース歌劇場でアンドレアス・シュペリング指揮によるヘンデルのリナルドを歌い、すばらしい世界デビューを飾った。今後の予定としてナンシー歌劇場での「ジュリオ・チェーザレ」のトロメオ役やウィリアム・クリスティ指揮による「Landi's San Alessio」の主役などの契約を結んでいる。また、シャトレ劇場でマーク・ミンコフスキー指揮による「ディドとアエネアス」でジェシー・ノーマンと共演する予定である。シャンゼリゼ劇場ではジャン=クリストフ・スピノージとの共演で新しいプログラムの録音も予定している。
ヴァージン・クラシック社と専属アーティスト契約をしており、2005年に自身が率いるアンサンブルとともに演奏したヴィヴァルディ作曲のヴィルトーゾ・カンタータ集と、17世紀以降の宗教音楽を収めた「聖母マリアの夕べの祈り(Beata Vergine)」を発売し、彼の優れた音楽性を世に知らしめるに至った。2007年1月、ジャン=クリストフ・スピノージ率いるアンサンブル・マテウスとの共演による待望のヴィヴァルディのオペラアリア集「ヒーローズ(Heroes)」を発売。同年11月には「Carestini:A Castrato's Story(カレスティーニ~あるカストラートの物語)」をリリースした。






>>オフィシャルサイト

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ