SamonPromotion

マエストロ青島の五つ星クラシック スペシャルサマーコース2015「音楽史」

「五つ星クラシック」ってどんなコンサート?

「題名のない音楽会」、「世界一受けたい授業」でおなじみ、
マルチアーティストとして大活躍している音楽家、青島広志を迎えて行う『五つ星クラシック』
プログラムについては青島広志が厳選に厳選を重ね!”今”お客様に聴いてほしい、メニューを取り揃えました♪
見て、聴いて、音を味わう 「まなべる」系クラシックコンサートの幕開けです!

青島広志のわかりやすい解説と共に進行するコンサートは
クラシック愛好家から初心者、お子様も普段着で楽しめるコンサートです!

公演情報

2016年8月6日(土)14:00 神戸国際会館 こくさいホール

公演終了

料金

料 金: ¥5,000 当日¥5,500(全席指定・税込)
※4歳以上のお子様より入場可。※1人1枚チケットをお求めください。

出演

青島広志(指揮、おはなし)
1955年東京生まれ。東京藝術大学および大学院修士課程(作曲)を首席で修了。これまでに作曲した作品は200曲に超える。ピアニスト・指揮者としての活動も40年を超え、最近ではコンサートやイベントのプロデュースも数多くこなしている。テレビ「題名のない音楽会」「世界一受けたい授業」などに出演。他にもイラストや書籍執筆などの仕事も数多く手がけている。東京藝術大 学、都留文科大学講師。日本現代音楽協会、作曲家協議会、東京室内歌劇場会員。
大阪交響楽団
OSAKA SYMPHONY ORCHESTRA
1980年創立。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』をモットーに提唱。
いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。「大阪シンフォニカー」から2001年1月「大阪シンフォニカー交響楽団」、更に2010年4月に楽団名を「大阪交響楽団」と改称。また支援組織として、1988年大阪シンフォニカー協会が設立、2008年12月に一般社団法人となる。さらに2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人 大阪交響楽団となった。
2000年本拠地を大阪府堺市へ移転。2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 樋口武男氏が運営理事長に就任している。2008年4月より児玉 宏氏が音楽監督・首席指揮者に就任。(2016年3月まで)。
2004年1月から正指揮者として、2011年4月からは常任指揮者に就任した寺岡清高氏(2000年ミトロプーロス国際指揮者コンクール優勝)と共に、両指揮者陣のもと、『ディスカヴァリー・クラシック』を展開、各方面から評価された。2015年4月には二宮光由が楽団長・インテンダントに就任。
2016年4月からは、日本楽壇最長老の外山雄三がミュージック・アドバイザーに就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。
【大阪交響楽団公式HP】 http://sym.jp/
小野勉(テノール)
高校一年生の冬、とても可愛らし先輩に誘われて、うっかり入ってしまった合唱部。これをきっかけに音楽の道を選ぶこととなる。2001年第12回奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門第3位入賞。童謡からオペラアリアまで幅広いレパートリーを持つ。青島広志氏プロデユースの舞台に多数出演。代表作には「ペールギュントの大冒険」「青い鳥」「幸福な王子」「大好き!ドラキュラ君」等がある。

プログラム

◇1部
ヘンデル:「水上の音楽」より“アラ・ホーンパイプ”(ハーティ編曲)

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト:きらきら星 変奏曲(青島広志編曲)

ベートーヴェン:交響曲第5番 「運命」 第1楽章

ブラームス:ハンガリー舞曲 第5番

◇2部
チャイコフスキー:バレエ音楽
「白鳥の湖」より“情景”
「くるみ割り人形」より“ロシアの踊り”
「眠れる森の美女」より“ワルツ”


ドニゼッティ:歌劇「連隊の娘」より “あぁ友よ、なんと楽しい日”

ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より “女心の歌”

グリーグ:劇音楽「ペール・ギュント」より “朝”

貴志 康一:かごかき (青島広志編曲)

三木 たかし:アンパンマンのマーチ(青島広志編曲)

※曲目はやむを得づ変更となる場合がございます。予めご了承ください。