Samon Promotion,Inc.

ウォニー・ソン ピアノ・リサイタル2011

昨年2010年、西本智実指揮全国ツアーでソリストに抜擢!
その甘いマスクと表情豊かな音色は多くの観客から注目され、日本初ソロ・リサイタルが決定しました。
この来日にあわせ、ウォニー自身想い入れのあるプログラムから、よりすぐりの作品を収録した新アルバムも発売!
この春、ピアニスト、ウォニー・ソンの魅力が開花する!

プロフィール

ウォニー・ソン

韓国生まれのカナダ・モントリオール育ち。ワシントン・ポスト紙に「多才で、知性に溢れ、さらに音楽性にも富む若手ピアニスト。」と賞賛されるなど、世界各地で高い評価を得ている。8歳からピアノを始め、1994年にフィラデルフィアのクラティス・インスティチュート・オブ・ミュージックの奨学金を獲得。1998年モントリオール大学卒業後、アントン・クルエティ、マーク・デュラン、リディア・アルティミウに師事。1994年にはシンシナティの世界ピアノコンクールで金賞を受賞。2005年YCA国際オーディションで優勝後、ニューヨークのカーネギーホールにて初リサイタルを行い、成功を収める。
そのリサイタルは、ニューヨークタイムズ紙に「ダイナミックで華やかさに溢れた高い演奏技術はもちろんのこと、彼の最たる魅力は内なる力を感じさせる表現力にある。」と絶賛される。シンシナティ交響楽団、シカゴ交響楽団やトロント交響楽団など世界的なオーケストラとも多数共演。日本では2010年1月に西本智実指揮ラトビア国立交響楽団ツアーのソリストを務め、繊細でありながらも情熱的なラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を披露し、全国の聴衆を魅了。その反響を得て、待望の日本初ソロ・リサイタルが決定。J.S.バッハからガーシュウィンまで、ロマンティシズムや情熱に溢れた名曲をウォニー・ソン自らが選曲。それぞれの楽曲に込められた物語を、音の詩人、ウォニー・ソンが表情豊かに奏でる。

公演情報

SPCD-1004 

公演情報

J.S.バッハからガーシュウィンまで、時代や形式にとらわれないストーリー溢れる名曲を収録。
それぞれの楽曲に想いを込めて、音の詩人、ウォニー・ソンが語りかける。

『STORIES』

2011年4月14日(木)発売  ■特典:ウォニー・ソン本人による曲目解説付

■収録曲目
バッハ/ペトリ編曲:カンタータ 208番「羊は安らかに草を食み」
シューマン/リスト編曲:歌曲集『ミルテの花』より「献呈」作品25-1
ドビュッシー:喜びの島
ショパン:舟歌 嬰へ長調 作品60
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー

公演情報

2011年4月14日(木)19:00 王子ホール (銀座) 

2011年4月16日(土)13:30 ザ・フェニックスホール (大阪)
2011年4月19日(火)19:00 電気文化会館 ザ・コンサートホール (名古屋)

入場料

  • 【東京】 ¥5,000 (全席指定・税込) 
  • 【大阪・名古屋】 ¥4,500 (全席指定・税込)
  • ※未就学児入場不可

出演

  • ウォニー・ソン (ピアノ)

演奏曲名

【第1部】

  • J.S. バッハ/ペトリ編曲:カンタータ 208番「羊は安らかに草を食み」
  • ベートーヴェン:ソナタ 第21番 ハ長調 作品53「ワルトシュタイン」
  • シューマン/リスト編曲:歌曲集『ミルテの花』より 「献呈」 作品25-1
  • ドビュッシー:喜びの島

【第2部】

  • ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 作品60
  • ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 作品22
  • ガ−シュウィン:ラプソディー・イン・ブルー

※やむを得ず曲目が変更する場合がございます。予めご了承ください。

ウォニー・ソンのアーティストページはこちら>>