• おすすめ情報
  • アーティスト紹介
  • チケット情報
  • ツアー・公演レポート
  • ショッピング
  • 会員ページ
  • 出演のお問い合わせホール・メディア関係者様へ

アーティスト紹介

マリ・サムエルセン、ヴァイオリン

フィリップ・グラスやスティーヴ・ライヒ、そしてペトリス・ヴァスクスといった現代作曲家のレパートリーやマックス・リヒターとのライブ共演を通じて新たな聴衆を獲得するなど、新しい音楽のチャンピオンとしての確固たる評価を築いている。

Mari Samuelsen マリ・サムエルセン、ヴァイオリン

       
マリのデビュー・ソロアルバム「ノルディック・ノワール」はアマゾンとiTunesクラシック音楽チャートでイギリスとドイツで1位を獲得し、ノルウェーではトップ40総合チャートの2位となった。

フィリップ・グラスやスティーヴ・ライヒ、そしてペトリス・ヴァスクスといった現代作曲家のレパートリーやマックス・リヒターとのライブ共演を通じて新たな聴衆を獲得するなど、新しい音楽のチャンピオンとしての確固たる評価を築いている。
現代曲ばかりではなく、ヴィヴァルディの四季など伝統的な作品にも造詣が深い。

マリ・サムエルセンはソリストとして、カーネギーホール、パリのシャンゼリゼ劇場、ベルリンのコンツェルトハウス、プラハのスメタナホール、クレムリン宮殿ホール、ジュネーヴヴィクトリア・ホールといった世界中の主要名門コンサートホールのステージを踏んでいる。

最近ではロンドンのバービカン、フィルハーモニー・ド・パリ、ルツェルン・カルチャー・コングレスセンターなどでデビューし、ロサンジェルス・フィルハーモニックとハリウッド・ボウルで共演している。

2017年のハイライトとしては、作曲家フィリップ・グラスの80歳を祝うコンサートで、彼の前でのグラスのダブルコンチェルトの演奏、その他アイルランドでのアイルランド国立交響楽団とのツアー、ブレーメン音楽祭出演、バレンシア管弦楽団、リール国立管弦楽団との共演などがあげられる。またデッカ クラシックから9月にアルバム「ノルディック・ノワール」をリリースした。

マリ・サムエルセンのダイナミックなライブ・パフォーマンスはヨーロッパの聴衆を魅了し続けている。
以下フィルハーモニー・ド・パリでの演奏動画を参照。


1724年製エディンバラ公ストラディヴァリウスをロンドンのフロリアン・レオンハード社から貸与されている。

ご登録いただいた皆さまには、どこよりも早いチケットの先行販売の情報やアーティストの情報をメールでお知らせする等の特典がございます。

会員登録はこちら

新着情報
ディスコグラフィー
  • スタッフブログ
  • twitter
  • twitter
  • facebook
  • 会員登録
  • 携帯電話からは下記のQRコードからアクセスして下さい。

このページの先頭へ